• TOP
  • 特集
  • TENGA最新作 3000円超と値は張るが50回繰り返し使用可

特集

2017.02.06 15:59  週刊ポスト

TENGA最新作 3000円超と値は張るが50回繰り返し使用可

 男性のオナニーに一大革命を起こしたのが、オナホールの金字塔「TENGA」だ。2005年7月7日に発売が開始された「カップシリーズ」5種は、「5000個売れればヒット」とされるアダルトグッズの世界で1年に100万個以上を売り上げた。その後、世界40か国以上で販売、累計出荷数はおよそ5000万個を突破。「性に国境はない」と証明した。

 テンガ最大の売りは“穴に挿入する”という擬似セックスに圧倒的なリアリティを持たせたことだ。生みの親である松本光一・TENGA社長は「オナニーグッズは未開の有望マーケットだ」という信念で、毎朝6時から20時間ぶっ続けで商品開発に力を注いだのだという。

 創業当時からの人気モデル「ディープスロート・カップ」は特殊バルブ加工により、挿入口と反対側の空気穴を塞ぐことで、カップ内を真空に近い状態にでき、これまでになかったより深く強力な“バキューム感”を得られた。赤を基調にしたファッショナブルなパッケージも話題を呼び、オナホールの概念を塗り替えた。

「弊社の開発コンセプトは、“世の中にまだない一歩先の製品を生み出す”ことです。2008年には内部を洗浄して繰り返し使える『フリップホールシリーズ』、2015年には新感覚の“あったかオナニー”が楽しめる『ホットテンガ』など新製品を発表してきました」(TENGA広報部)

 ユーザーは男性だけではない。2013年には女性用オナニーグッズ「iroha(イロハ)」を販売。好みの振動の強弱とリズムを楽しめるバイブレーターで、女性から熱狂的な支持を集めた。

 TENGAが“究極の作品”と位置付けるのが昨年末発売の最新作「TENGA MOOVA(テンガムーバ)」だ。全体にらせん状の溝が斜めに施され、真ん中部分がくびれたシルエットが特徴的だが、この形状に革新のポイントがある。従来のTENGAと同様に上下にピストンさせると内部が縦横にねじれ、うねるようにペニスにからみつくのだ。「ムーバ」を初体験したという40代男性がいう。

「“名器”ですね。“ミミズ千匹”ってこんな感じなのかな、と思いましたね。特に、先端部の空気穴を押さえてピストンすると、まるでペニスの根元から亀頭のほうにミミズか小さな蛇がぐるぐるととぐろを巻いて登ってくるような感覚です」

 1本3000円超と値が張るが、通常のTENGAと違い50回繰り返し使えるという。オナニーという秘め事にテクノロジーを持ち込んだTENGA。このジャンルでも「ものづくりニッポン」はその精緻さで世界を驚かせている。

※週刊ポスト2017年2月17日号

関連記事

トピックス