• TOP
  • 国内
  • 石原慎太郎氏 トランプに日本の重要性を認識させよ

国内

2017.02.10 07:00  週刊ポスト

石原慎太郎氏 トランプに日本の重要性を認識させよ

「ジャパン・ファーストでいくべき」という石原慎太郎氏

 アメリカのトランプ大統領が、日本を標的にした“口撃”を繰り返している。それに対して日本では、政治家もメディアもただ慌てふためくばかり。日米貿易摩擦がピークであった1989年、石原慎太郎氏(84)は『「NO」と言える日本』を上梓し、アメリカ相手に日本の立場を堂々と主張した。石原氏が、トランプ大統領誕生をいち早く予言した盟友・亀井静香氏(80)とともに、アメリカにもの申す。

石原:トランプの言葉じゃないけど、日本は“ジャパン・ファースト”でいくべきです。外交も経済も、戦後の日本は、“ジャパン・セカンド”で、これまでの日本こそが“アメリカ・ファースト”だった。それを切り替えるチャンスだと思う。

亀井:確かにそういうチャンスではある。

石原 トランプがむちゃなことを言うなら、理路整然と反論して、世界の世論を巻き込んで扉をこじ開けていけばいい。安倍総理は彼なりによくやっているとは思いますよ。よくあれだけの外交日程をこなすなと感心する。

亀井:彼は死に物狂いでやってるからね。だけど、内政はろくでもない。一握りの人間がマネーゲームで儲かっているだけで、経済格差、地方格差はどんどん広がり、実質成長も下がっている。彼の周りにいる連中がくだらない内政プランを立てているからおかしなことになる。

 本人は非常に純粋で、難病を抱えながら、身を捨てて働いている。それが支持率の高さにつながっている。だから、周りに巻き付いている連中を取っ払って、もう徹底的にやりまくったらいいと思う。

石原:しかし、日本が世界から忘れられるようなことにならなきゃいいと思うね。チベットという国は地図上から消されてしまったんですよ。独自の文化を持ち、日本の仏教の原点だった国が、中国に飲み込まれて消滅してしまった。私はダライ・ラマとも個人的に親しいのですが、最近は誰もダライ・ラマを話題にしなくなっている。

関連記事

トピックス