芸能

ワンオクTaka他 バンドマンに転身した元ジャニーズの明暗

ONE OK ROCKのTakaも元ジャニーズ(公式サイトより)

 幅広い世代に人気を集めているロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」。ヴォーカルのTaka(28)は、森進一と森昌子夫妻の長男として生まれたが、“二世歌手”というイメージを払拭する高い歌唱力と表現力で各界からの評価も高い。

 Takaがバンド活動を始める以前は、ジャニーズグループ「NEWS」のメンバーだったことはよく知られている。元ジャニーズではTakaの他にも、元「NEWS」メンバーの草野博紀(29)が「Porehead」のヴォーカル、また「KAT-TUN」のメンバーだった田中聖(31)は「INKT」のヴォーカルとして、それぞれバンド活動をしている。

 ジャニーズの人気グループからバンドマンに転身した面々のなかでも、やはりTakaが圧倒的にバンドマンとして日の目を見ている状況だが、この明暗を分けたものは何だったのか。

 過去には「NEWS」や「KAT-TUN」のコンサートにも足繁く通っていたというジャニーズファンの女性Aさん(28歳)は、こう語る。

「草野くんも聖くんもそれぞれバンドで頑張っている姿は、しっかりブログやツイッター、ライブなどに通って追っています。2月には代官山のライブハウスで草野くんのバンド『Porehead』と聖くんの『INKT』が対バンして、ファンの間では話題になりました。それぞれ元ジャニーズだけあってお客さんの煽り方がとても上手いし、盛り上げるのはすごく上手だな、と思いました。

 ただ、バンド自体の完成度でいえば、もうワンオクはまったく別の次元にいる。TakaはNEWSでデビューする以前のジュニア時代から、『歌がうますぎる』と有名でした。昔からのファンからすれば、元々のスタート地点が違うんです。

 聖くんはKAT-TUN時代はラップが専門だったので、歌で勝負していくのは大変ではないでしょうか。草野くんは声が細くクリアですが、その方向性ではすでに圧倒的な歌唱力のTakaが、壁として立ちふさがっています。似たようなジャンルのバンドなので、先陣のワンオクを越えるのはそう簡単ではないと思います」(Aさん)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン