ビジネス

フランク三浦の社長が「F.ミュラーに勝訴は当然」の根拠

勝訴は当然?(フランク三浦のHPより)

「こちらが既に商標登録していたものを、後から無効だといわれたのだから、それは納得いきませんでした」

 そう憤るのは、株式会社ディンクスの下部良貴社長だ。同社が製造する腕時計のブランド名「フランク三浦」が、スイスの高級腕時計「フランクミュラー」を連想させるとして、“フランク三浦の商標は有効か”が争われていた裁判で、3月2日に最高裁判決が下された。結果はフランク三浦の勝訴。下部氏が続ける。

「フランク三浦は、2012年に商標を取っており、当初は向こうから特にクレームもありませんでした。ところが、徐々にフランク三浦が人気を集め出すと、『その商標権は無効だ』とフランクミュラーが特許庁に訴えたのです。特許庁は訴えを認め、一昨年の9月に商標権が取り消されてしまった。一度認めた商標をなぜ今さら、ということで翌10月に裁判を起こし、今回の勝訴に至りました」

 素人考えでは“本家”フランクミュラーありきのパロディなのだから、意外にも思えるが……。

 商標権や著作権など、知的財産分野に詳しい弁護士・唐津真美氏はこう解説する。

「商標とは、『その商品がどの会社のものか認識させる』ための概念です。今回の判決は、1個100万円以上するフランクミュラーと、数千円程度のフランク三浦が、実際に混同される可能性は低い、という判断でした」

 となると、今回の判決を機に同じような“パロディブランド”であるサマンサタバサならぬ、「サマンサ田端」やUNIQLOならぬ「IBUQLO」など、紛らわしい商品が大手を振って出回ることになるのだろうか。

「今回争われたのは商標権で、あくまで『名前が紛らわしいかどうか』が論点です。『デザインが似ているか』という著作権の問題は今回争われていない。両者が“デザイン”を巡って再び争う可能性もある」(同前)

 これに対し、下部氏は、

「フランク三浦のような樽型のデザインは、古くからある。決してフランクミュラーだけの特徴ではありませんよ。フランク三浦は、あくまでオリジナル商品だと考えています」

 と徹底抗戦の構え。三浦側の思わぬ強気にミュラー側はどう応じるか。

※週刊ポスト2017年3月24・31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト