芸能

渡瀬恒彦「兄貴程度の芝居しかできなかったら消えていた」

「渡哲也の弟」という肩書きをどう思っていたのか?

 人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了した渡瀬恒彦(享年72)は、デビューからしばらくは「渡哲也の弟」という肩書きがついて回った。そのレッテルに戦いを挑むかのように、かつての渡瀬は、どんな危ないアクションでもスタントマンなしで挑み続ける激しさで知られた。

「初めてお会いしたときは、気軽に声をかけることもできないほどのオーラに包まれていた。本当にかっこいい人でした」

 3月14日、壮絶ながん闘病の末、天国へと旅立った俳優・渡瀬恒彦との出会いについて、語ったのは1990年から約2年半、渡瀬の付き人を務めた俳優・永井なおき(48)だ。バイオレンスに満ちた東映やくざ映画を観て育った彼にとって、渡瀬は畏怖の念を抱く存在だった。

 近年は『おみやさん』、『警視庁捜査一課9係』(ともにテレビ朝日系)などに出演、義理人情に厚い「温厚なオヤジ」のイメージが強い渡瀬だが、オールドファンにとっては『仁義なき戦い』シリーズを初めとする、若かりし日の凶暴な跳ねっ返り者の姿が脳裏に蘇る。

 ドラマ『まひる野』(1977年、フジテレビ系)以来、映画『戦国自衛隊』(1979年)など数々の作品で渡瀬と共演し、家族ぐるみで交流を続けてきた40年来の親友である俳優・江藤潤(65)は、目頭を押さえながらこう語った。

「ずっと病気していたから、もっとやつれているかと思っていたんですけど、いつもの温和な恒さんでした。口元はちょっと微笑みを浮かべているようで……。その顔を見た途端、涙がポタポタと出てきて……。絶対に人に弱みを見せないのが、渡瀬恒彦の美学。それを知ってるからこそ見舞いに行けなかった。もう一度一緒に飲みたかった」

 葬儀は兄・渡哲也ら10数人の親族のみで静かに営まれた。まさに「美学」を貫き通した旅立ちだった。

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン