• TOP
  • ライフ
  • 推定難聴者数は全人口の15.2% 衰えに気付いている人は53%

ライフ

2017.03.28 16:00  週刊ポスト

推定難聴者数は全人口の15.2% 衰えに気付いている人は53%

自分が難聴だと気づいている人は意外と少ない(写真:アフロ)

「老眼」と並んで中高年の楽しい生活の大きな障壁となるのが「難聴」だ。自覚症状が少ない耳のトラブルは、治療や対策が後手に回りやすい。

 これからいくつかの事例を列挙する。自分に同じ経験がないか、よく思い返してみてほしい。一見して「日常生活のありふれた場面」に感じられるエピソードの中に、深刻な症状が潜んでいる可能性がある。

◆ケース1「テレビの音量」

 茶の間でテレビを観ていると、自分には「ちょうどいい音量」なのに、妻や子供たちから「音が大きすぎる!」と文句を言われ、ボリュームを下げられてしまう。

 仕方なく家族に合わせた音量で見ていると、役者のセリフやタレントのコメントがよく聞き取れない。

◆ケース2「雑踏の中で会話が聞き取りにくい」

 普段、室内での家族や友人と話すときには不自由を感じないが、屋外では急に相手の声が聞こえづらくなる。特に雑踏では、大きな声で話している相手の声もかき消されてしまう。

◆ケース3「単語の子音・最初の音が聞き取れない」

 相手が話す単語の「最初の音」が聞き取れない。たとえば「加藤(カトウ)」「佐藤(サトウ)」という名前が、「アトウ」や「アオウ」などと聞こえてしまう。

◆ケース4「受話器は常に決まった耳にあてている」

 電話をするときは、いつも右耳に受話器をあてている。

 ある日、長電話になった時にケータイを左手に持ち替えると、急に電話の相手の声が「ゴソゴソ」と曇ったような音になって聞き取れない。電波状況が悪くなったのかとも思ったが、また右耳にケータイを戻すとちゃんと聞こえるようになった。

 これらはすべて「難聴」の初期症状だ。しかし、この程度の“異変”では日常生活に支障は出ないため、気に留めない人は多いのではないか。

関連記事

トピックス