• TOP
  • 特集
  • VRの女王・美咲かんな 「飛び抜けた」技術で大ブレイク

特集

2017.03.29 15:59  週刊ポスト

VRの女王・美咲かんな 「飛び抜けた」技術で大ブレイク

映像では目の前に顔が飛び出してくるように見える

 VR作品が続々と発売されるなか、“VRの女王”と呼ばれる人気女優が現われた。彼女の名は「美咲かんな」(158cm、B85・W58・H88)。つぶらな瞳とアンバランスなEカップのバストが魅力的な女優だ。ただ、2014年12月のデビュー以降、いくつかの作品に出演したが「大ブレイク」したワケではなかった。しかし、VR作品に出演するやいなや彼女の評価はうなぎのぼり。魅力が“飛び出した”理由は何か。AVレーベル『KMPVR』の広報担当者が言う。

「彼女のVRデビュー作『美咲かんな 生中出しスペシャル』(KMPVR)は他作品を凌ぐダントツの売れ行きだった。騎乗位を終えてからのキスといった密着感が“恋人みたい”と感じさせたようです。美咲さんは、“目の前にいるのでは?”と思わせる距離感の掴み方に長けています」

 実際に視聴者からは「“こうして欲しい”というこちらの欲求に寄り添おうとする姿勢を感じる」、「美咲さんはVR特有の見せ場を分かっている」といった声が寄せられているという。美咲自身はどのような工夫をしているのか。

「目の前にファンがいると想像して“こうしたら喜ぶかな?”と考えています。あとVRでは、挿入シーンよりもそこまでの『過程』を大事にしています。

 特にこだわっているのがキス。乳首を舐めながらキス、フェラの途中でもキスと、キスを多めにして恋人ならではのラブラブ感を出す。監督さんからも“15分でキス50回目標”と言われています。恋人感を強めるための大事なシーンです。あとは視聴者と目線が合うよう、意識して強い視線を送っています」

関連記事

トピックス