• TOP
  • 特集
  • VRのモザイク入れ 15分の動画に5人で8時間かかることも

特集

2017.04.02 15:59  週刊ポスト

VRのモザイク入れ 15分の動画に5人で8時間かかることも

逐一確認が必要なため作業は深夜に及ぶことも

 撮影だけがAV制作ではない。世に出すためには、地道な裏方作業である「モザイク入れ」が必要になる。業界のトレンドとなったVRでは、その作業もこれまでとは異なるという。

 モザイク入れは専門業者が行なうが、今回は社名を非公開とすることを条件にその現場に潜入した。驚いたことにスタッフのリーダーは20代女性のAさん。

「VRは微妙に異なった2つの画面にモザイク入れを行なう必要があるので、作業の手間も通常のAVの倍はかかります。モザイクが綺麗にかぶるように調整も必要です。乱交もののような出演女優の人数が多い作品では15分のモザイク入れを完成するまでに、スタッフ5人がかりで約8時間かかることもある」

 作品のジャンルによっても、モザイク入れの苦労は異なる。

「騎乗位ものは、結合部が見えにくいので比較的ラクな方ですが、最も辛いのは手コキやオナニーのシーン。手コキは指と指の隙間も細かなモザイク入れが必要ですし、その5本の指がまた複雑な動きをする。ベテラン女優さんの熟練の手コキであるほど大変ですね(笑い)」

 また、意外にもモザイク入れのスタッフは女性が多いという。

「納品前にモザイクの“質”を検品するのですが、女性スタッフはほとんどが最高のAランク基準をクリアするので、“女性は丁寧だ”と評判ですね。なかには作業に没頭して、腱鞘炎で手術をした女性もいたほど。VRではモザイクが広いとせっかくの臨場感が台無しになるので、繊細な作業を心がけています」

 若い女性が丁寧に入れていると知れば、モザイクも許せる?

※週刊ポスト2017年4月7日号

関連記事

トピックス