スポーツ

新井、阿部、鳥谷ら、“おじさん選手”活躍それぞれの理由

ベテラン選手活躍のそれぞれの事情(新井貴浩)

 散り際が美しい桜の季節が終わっても、いまだ「満開」の成績を残す男たちがいる。いずれも、“老境”にさしかかった選手たちである。今季のプロ野球の主役たちは、揃いも揃って「おじさん」ばかりだ。加齢とともに成績が残せなくなるのはスポーツ選手の宿命だが、それに抗う活躍には、彼らの若かりし頃を知るファンほど胸を熱くしてしまう。

「『灯火消えんとして光を増す』という言葉があるように、ロウソクが消える寸前にパッと明るく輝くことがある。まさにそれやないですか」と、野球評論家の江本孟紀氏は拍手を送る。

「僕は2桁勝てなくなったら34歳でさっさと引退しましたが、ベテランの置かれる環境は厳しい。シーズン序盤に頑張らないと、後半になればなるほど若手に出場機会を奪われる。そうしたなかで、限られたチャンスを掴んだベテランの活躍が目立っている」

 その一人が広島・新井貴浩(40)だ。昨季は2000本安打を達成し、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。阪神で出場機会を減らした印象を拭い去るかのような「復活劇」は、今季も続いている。

「2つ歳上の黒田博樹が引退し、チームリーダーとしての自覚が強くなった。緒方(孝市)監督には『補強はせずチーム力を底上げする。打線の中心として4番を打ってほしい』とキャンプ中に告げられたといいます。開幕から4番に座り、4月12日の試合では、チームでは衣笠祥雄以来30年ぶりとなる40歳以上での2打席連続アーチを放ちました」(スポーツ紙デスク)

 不惑の4番が開幕ダッシュの功労者となった。

 2012年に打率3割4分、104打点で二冠を達成、本塁打もリーグ2位の27本を放つ活躍で日本一の立役者となった巨人・阿部慎之助(38)も、近年低調だった打棒が完全復活。

「このオフは自主トレに小林誠司(27)を帯同させた。後継者育成に専念するのかと思われましたが、開幕から不動の4番で三冠王も狙えるほど。今季中の2000本安打も射程圏内で、WBC帰りの小林の不調を差し引いてもおつりがくる活躍です」(巨人担当記者)

 年俸は2014年シーズンの6億円から大幅に下がって今季は2億6000万円。しかし今の活躍はそのダウン分を取り戻す勢いだ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン