• TOP
  • 特集
  • 100cmJカップ・小西みか「自分のアゴに当たって邪魔」

特集

2017.05.10 15:59  週刊ポスト

100cmJカップ・小西みか「自分のアゴに当たって邪魔」

100cm、Jカップの小西みかが語る巨乳ゆえの憂鬱

 爆乳自慢のAV女優がエッチな苦悩を赤裸々告白。2015年にAVデビューし、豊満な胸を生かした作品に多数出演中の小西みか(21)は、100cm、Jカップというボディの持ち主だ。果たして彼女の悩みは?

 * * *
 デートの時は彼氏に「男はみんな見ているから胸が目立たない服を着て!!」と言われることが多かったです。付き合っている時は「巨乳には興味ない」と言っていたのに、別れた後に「巨乳は好きじゃないと言う男は信用するな」としみじみ語られたことがあります(笑い)。

 セックスに関して困ることといえば、私は正常位の時におっぱいを寄せる癖がついていて、突かれているとおっぱいが自分のアゴに当たって邪魔なんです。おっぱい好きの人は、セックスの時に胸ばかり見て、私とあまり目を合わせてくれないのが少し悲しいですね。

 撮影では必ずパイズリを求められるのですが、おっぱいが重いから長時間続くとまるで筋トレした後のように疲れますし、摩擦で胸の谷間に火傷みたいなパイズリ痕がついちゃうこともあります。

 食事中におっぱいがグラスやお箸に当たって落としちゃうこともあるし、かわいい下着も選べない。中学生の頃は持久走で胸がユサユサ揺れるのを男子生徒に笑われて、すごく恥ずかしい思いをしました。正直、得したなぁと思うことはあまりないのですが、このお仕事を続けていられるのはおっぱいのおかげだと思うので、おっぱいに感謝しています。

【プロフィール】こにし・みか/1995年9月17日生まれ。身長160cm、B100・W64・H90。

※週刊ポスト2017年5月19日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス