• TOP
  • コラム
  • 今、トレンドの水着は?ジムにぴったりの「2017年最新水着図鑑」

コラム

2017.05.17 19:00  ダイエット ポストセブン

今、トレンドの水着は?ジムにぴったりの「2017年最新水着図鑑」

写真左から、「セパレーツ」9612円、「ゴーグル」7452円、「スイムトップス」4968円、「スイムボトムス」3240円/ともに、スピード 「大きめカラースナップ付きセパレーツ」1万260円/アリーナ


有酸素運動と無酸素運動を同時に行うことができる水泳は、消費カロリーも高く、ダイエットにぴったりのスポーツ。

そこで、スタイリストの坂本祥子さんが、ジムでの水泳にぴったりのスイムウェアをピックアップ。セパレーツ、ワンピース、ビキニ、と3つのタイプから、好みのものを選んで。

◆体型もカバー。高機能の「セパレーツ型」

ジムでのスイミング用として世代を問わず、最近もっとも人気を集めているのが、セパレーツ型。特にフランス生まれのスイムウェアブランド「arena(アリーナ)」には、体型カバーにうれしい水着がさまざまにラインナップ。

例えば「大きめカラースナップ付きセパレーツ」(1万260円)は、前身頃に向けて斜めに入った3Dエンボス生地のラインに、ウエストをほっそりと見せる効果が。トップスとボトムスはカラースナップでつながっているから、トップがめくれ上がる心配がない点もうれしい。

オーストラリア生まれのスイムウェアブランド「Speedo(R)(スピード)」の「セパレーツ」(9612円・写真左)もスナップ付き。塩素に対する耐久性が強い素材を使っているので、プールでの着用にぴったり。胸元でカラーが切り替わっている点も、痩せ見せに◎。

よりおしゃれを楽しみたい人には、「Fun Warter(ファン ウォーター)」シリーズもオススメ。

タンクトップ仕様の「スイムトップス」(4968円・写真中上)と短パン型の「スイムボトムス」(3240円・写真中下)のほか、スポーツブラタイプの「ショートトップス」(4320円)とショーツ型の「スイムボトム」(3240円)もあって、トップスは5色、ボトムスは3色の展開。色違いで上下を組み合わせたり、とコーディネイトを工夫して。

【次のページで、ワンピース型とビキニ型の水着をご紹介】

スタイリストの坂本祥子さんが、ジムでの水泳にぴったりのスイムウェアをピックアップ。好みの1枚を見つけて、シェイプアップを!

◆スッキリ着こなす「ワンピース型」

ウエストよりも太ももが気になる…という人は、ワンピース型を選ぶべき。「スピード」のロゴマークが目立つ「Stack logo(スタックロゴ)トレインカットスーツ」(6372円・写真右)は、2016年から展開中の人気シリーズ。深めのカットが足を細く長く見せてくれる。サイレンレッドやフラッシュイエローといった蛍光色のバリエーションも。

プライス重視なら、「ユニクロ」のスイムウェアがオススメ。写真の「スイムワンピース」(3229円)は、フランスの人気ランジェリーブランド「プリンセス タム・タム」とのコラボレーションだからおしゃれ感も抜群。デコルテを見せる大胆なネックラインと、背中で交差する細いストラップが女性らしい魅力を引き出してくれる。単色カラーだからこそ、細部に行き渡ったデザイン性が目を引く一枚。数量限定だから早めの購入がオススメ。

また「アリーナ」のアクアトレーニング用水着「サークルバックスパッツ(ぴったりパッド)」(1万1880円)は、競泳用に近いカッティングで動きやすさが抜群。特に従来よりも肩の深い位置にかかる「着やストラップ」は、泳いでいる間はズレにくく、脱ぎ着は楽チン。

◆旅行先でもシェイプアップ。ホテルにもふさわしい「ビキニ型」

旅先でも運動を欠かしたくない人は、スーツケースに水着を詰めて。飾り気がなく、すっきりデザインのスイムウェアなら、ジムでもホテルのプールでも併用できるはず。

例えば、「スピード」の「Fun Warter(ファン ウォーター)」の中でも、スポーツブラタイプの「ショートトップス」(4320円・写真左上)とショーツ型の「スイムボトム」(3240円・写真左下)の組み合わせは、レジャー利用にもぴったり。トップスはさわやかなブルー、ショーツは引き締め色の黒を選んで、メリハリをつけて。

スポーツ女子に人気のアパレルブランド「ROXY(ロキシー)」で購入するのなら、UV加工を施した「パームプリント ブラトップ」(5724円・写真中上)に、「同 ビキニショーツ」(5400円・写真中下)を組み合わせて。トップはジムで着用できるブラトップだから、荷物のコンパクト化に◎。

シックに決めたいのなら、「emmi yoga(エミ ヨガ)」の「ワンショルダートップス」(8640円・写真左上)「ショーツ」(4320円・写真中下)を選んで。アシメトリーなデザインは、ほんのりモード感を感じさせてくれる。

【データ】
arena(アリーナ)
電話:0120-46-0310(デサントジャパンお客様相談室)
http://www.arena-jp.com/

emmi wellness cliset(エミ ウェルネス クローゼット)ルミネ2新宿店
住所  :東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿 ルミネ2 2F
電話  :03-5989-0807
営業時間:11:00~21:30、土・日・祝10:30~ 不定休 ※施設に準じる
アクセス:JR線ほか新宿駅直結
http://emmi.jp/

Speedo(R)(スピード)
電話:0120-307-560
http://www.speedo.jp/

東急ハンズ 渋谷店
住所  :東京都渋谷区宇田川町12-18
電話  :03-5489-5111
営業時間:10:00〜21:00 不定休
アクセス:JR線ほか「渋谷駅」より徒歩8分
https://www.tokyu-hands.co.jp/

ユニクロ
電話:0120-090-296(カスタマーサービス)
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/swimwear/women/

ROXY(ロキシー)
電話:0120-32-9190(クイックシルバー・ジャパン)
https://www.roxy.jp/

 撮影/瀬尾直道

【関連する記事をチェック!】
●【最旬ランニングウェア】人気ブランドの「2017SS ベスト・コーデ」6選
●ランニングやヨガで楽しく体型維持!スポーツ女子の【美痩せ習慣】
●【月齢ダイエット】4月4日は「蟹座の上弦の月」。バストアップが課題!
●ぽっこりお腹も改善!息をするだけでバストアップする「美腹呼吸」
●運動中や就寝中も。きれいなバストを保つ補正下着9選

◆スタイリング:坂本祥子(さかもと・しょうこ)

スタイリスト。1977年生まれ。ファッション、ライフスタイルを中心に、スタイリングから 編集・原稿執筆までをこなす。『大人になったら、着たい服』(主婦と生活社)、『オズマガジン』『オズプラス』(スターツ出版)ほかで活躍。ナチュラル& ベーシックなファッションに、トレンドをひとさじと、ほんのちょっとの遊び心を加えたスタイルが得意

関連記事

トピックス