芸能

仮面ライダーシリーズ、不景気でイケメン起用の流れに

中学生ながらプロ級の腕を持つスノーボーダーだった野村周平

 同名漫画を原作とする映画『帝一の國』のテーマは、命がけの生徒会選挙。学園内の政権闘争コメディーという、一風変わった設定だ。主演は今をトキメク菅田将暉(24才)。彼を、猫のようにズル賢くも愛くるしく支えるクラスメート役が志尊淳(22才)。ともに切磋琢磨するよきライバル役に竹内涼真(24才)、他にも、千葉雄大(28才)、松本岳(24才)…と、ここまで名前を聞いて、ピンときたかたもいるだろう。彼らの“出身”は、仮面ライダー、あるいは戦隊レンジャーなのだ。

 そんな元ヒーローたちを前に、そうでない出演者たちはいかんともしがたい思いを抱えているようだ。菅田を敵対視する“謀略の男”役の野村周平(23才)もその1人。

 元スノーボーダーの野村は、デビュー前、中学生ながらも数々の大会で上位入賞を果たす有名人だった。2009年、『アミューズ』のオーディションでグランプリを受賞し、あっという間に人気スターとなった。

 その野村が、先日“帝一軍団”として出演した『VS嵐』(フジテレビ系)に、こんなシーンがあった。

 竹内「進路をどうしようかって考えた時に、ぼく、ヒーローが大好きなんですよ。ヒーローになりたくて、とりあえず、仮面ライダーになろうと思って、オーディション受けて仮面ライダーできて」

 すかさず菅田が「おれもヒーローやで」と言った。

 菅田は『仮面ライダーW』で、竹内は『仮面ライダードライブ』。それに続いて志尊が『烈車戦隊トッキュウジャー』、千葉は『天装戦隊ゴセイジャー』だったと胸を張った。

 すると野村が、悔しそうに「そんな偉い? ライダーとかレンジャーやったら」とボヤく。櫻井翔(35才)が「穏やかじゃねぇぞ」とはやし立てるなか、竹内が「やっておくと、やっぱりお母さんたちの…」とライダーになった理由を続けようとするや、菅田がさっと制止した。

「答えんでええねん。戦争になるから」

 仮面ライダーシリーズは、1971年に、石ノ森章太郎原作・東映制作による特撮テレビドラマシリーズとしてスタートした。その後、「5人の仮面ライダー」として、1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』が制作され、その後仮面ライダーとともに、スーパー戦隊シリーズとして子供たちに絶大な人気を誇っている。

「でも、ずっと順調だったわけではない」と言うのはあるテレビ局関係者。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン