• TOP
  • 特集
  • オリエント工業のラブドール 不要になったら返送引き取り可

特集

2017.05.23 15:59  週刊ポスト

オリエント工業のラブドール 不要になったら返送引き取り可

ラブドールの「りり」

 日本ラブドール界のパイオニア「オリエント工業」が40周年を迎えた。耐久性に劣るビニール風船式のダッチワイフしかなかった1977年、創業者の土屋日出夫氏はソフトビニールや軟質ウレタンを使い、第1号の「微笑」を販売。5年後には空気を一切使わない革命的な製品「面影」を作り上げ、業界内に衝撃を与えた。

 そのものづくり哲学には、顧客への思いが込められている。1982年にはショールーム兼相談室を設け、性に関するカウンセリングを開始。顧客の要望を開発に取り入れた。「面影」は、妻を亡くしたある男性の手記を元に名づけられた。ラブドールが不要になった場合、返送すれば引き取るという。

 現在、年間約400体を販売。価格は1体約60万~80万円で、製造は映画の美術やスタイリスト出身の女性たちが担当。顔の輪郭や化粧のトレンドを取り入れ、毎年改良を重ねている。アンダーヘアは1本1本植えつける。

 挿入用のホールはシリコン以上に柔らかいエラストマー素材を使い、広さや締め付け度合いの異なる4種類を揃えるなど細部にこだわる。オリエント工業のラブドールには、職人たちの「愛」も込められている。

 なお、同社の40周年記念展「今と昔の愛人形」が6月11日まで東京都渋谷区松濤の「アツコバルー arts drinks talk」にて開催されている。

※週刊ポスト2017年6月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス