ライフ

92才ばぁば 心筋梗塞発作時、“死ぬわけにはいかない”と叫んだ

「苦労の跡を見せない」とばぁばこと、鈴木登紀子さん

 日本料理研究家の鈴木登紀子さん(92才)は、1924年青森県八戸市生まれ。自宅で始めた料理教室をきっかけに、46才のときに料理研究家としてデビュー。テレビをはじめ雑誌などで広く活躍。料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)への出演は40年を超え、今も料理教室を主宰している。最新刊は『ばぁば 92年目の隠し味 幸せを呼ぶ人生レシピ』(1400円+税、小学館刊)。

 昨年、肝臓がんの定期検診と治療入院中に心筋梗塞の発作が起き、緊急手術で一命をとりとめた。

「目の前がまっ暗になって、ついにこの時が来た…と。いや、だめだめ! これはいけない、このままではいけない。無我夢中で、『誰か来てくださーい! このまま死ぬわけにはいかないのですぅ!!』と叫んでおりました(笑い)。

 だって、2日後にはお教室が控えていたのだもの。あとで、『あんな大声出したら、かえって心臓に悪いわよねえ』と、主治医の先生や看護師さんたちと大笑いよ」(鈴木さん・以下「」内同)

 病の話をするのは笑い話になってから…が、ばぁばの流儀。入院時はもちろん、体調が悪いときは、そうとは言わず、しかも、家族以外の人間には決して会わない。ここが痛いなどと不健康自慢をするばぁばは見たことがないし、苦労話もしない。

「“怒髪天を突く”如くに荒れた姿を人様に見せるなんてとんでもないわ。母もそうでした。昭和6年に父が亡くなった際、たったひと言、ほっとした…と。父は厳しい人でしたけれど、母にとって耐えがたい結婚生活だったとは思えません。父の死はきっと、母にとって“家庭”という大仕事の締めくくりだったのでしょう。

 苦労の跡を見せない。たとえわが子であっても愚痴はこぼさない。これは昔の女性のたしなみであり、美学でもあったのです。私も、いつも朗らかなちょっと面白いばぁさんだった…と覚えていただけたら、人生、上出来です」

撮影/近藤篤

※女性セブン2017年6月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン