• TOP
  • 特集
  • 中高年におすすめ「朝の行為が効果的な理由」を医師が解説

特集

2017.05.25 15:59  週刊ポスト

中高年におすすめ「朝の行為が効果的な理由」を医師が解説

 歳を重ねるごとに朝早く目覚めるようになり、若い頃は平気だった夜更かしが辛くなる。夜、セックスしようと思っても疲れとアルコールで“勃ち”も悪い。そんな人に推奨したいのが「朝セックス」である。朝からなんてとても……とこの提案に抵抗を持つ人も少なくないだろう。

 だが、「朝セックス」を薦めるのには医学的な根拠がある。咲江レディスクリニックの丹羽咲江・院長が解説する。

「男性ホルモンのテストステロンは睡眠中に活発に分泌されるといわれています。つまり朝起きたときが最も男性ホルモン量が高まっており、性欲旺盛なのです。

 夜、仕事などで疲れやストレスが溜まった状態でセックスをしても、十分に満足感が得られず中途半端に終わってしまいがち。とくに男性ホルモンが減ってきている世代にとって、『朝セックス』は理に適っているのです」

 また中高年男性の場合、セックスにはどうしても勃起への不安がつきまとうが、こちらも「朝」ならベストな状態で臨める。川崎医科大学附属病院泌尿器科の永井敦・教授の話。

「ペニスは眠りの浅いレム睡眠中に勃起します。とくに明け方のレム睡眠時に起きる“朝勃ち”のときが、最もペニスの膨張率が高まり、最も硬くなっている状態にある。実際に私はED患者に朝セックスを指導しています。朝勃ちを利用するほうが挿入までをスムーズに行なえるので、硬さに不安のある中高年男性にはおすすめできる」(同前)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス