芸能

福士蒼汰が仕事、大阪弁、家族、やめられないことを語る

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』主演の福士蒼汰

 主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が5月27日より公開した福士蒼汰(23才)。同作では、ブラック企業で働く青山(工藤阿須加)の幼なじみを名乗るヤマモトを演じる。

 5月30日に24才を迎える福士クン。多忙な仕事の合間、都内のホテルの一室でちょっと一息しながら、自分のことや家族のことをじっくり語ってくれました。

◆仕事

「仕事で大切にしていることは、あいさつ! 時には100人近くいる場合もあるけれど、現場ではスタッフさん1人1人の顔を見て、「おはようございます」「お疲れ様です」と言いたいんです。バヌアツ共和国のロケ撮影では、毎晩、スタッフさん全員といっしょに食事に行ってました。毎日、違うレストランを探して(笑い)。最終日、クランクアップ後には、監督と工藤(阿須加)さんと3人で馬に乗りに行ったことも思い出です!」

◆大阪弁

「初めて大阪弁の役に挑戦しました。“朝ドラ”の『あまちゃん』(2013年)で久慈(岩手県)の方言を話したとき以上に、大阪弁は難しかったです。でも、英語もそうですが語学を勉強するのは好きなので、楽しんでできました! 方言指導のかたが大阪の芸人さんで、言葉はもちろん関西人のノリやツッコミ、ボケも教えてくださったんです。普段の自分はヤマモトのように明るくはないので(笑い)、芸人さんの指導のおかげで、言葉も心も関西人に近づけた気がします」

◆家族

「ヤマモトは家族との過去の出来事をエネルギーにして、生きているんです。自分も、今までは家族に守られてきたけど、最近は自分が守りたいと思うようになりました。今の家族のような家庭を将来築きたいです。実は20才の誕生日に、昔、家族で訪れたレストランに行って、そこで3才頃に撮った家族写真を再現して記念写真を撮ったんです。3才の時には親に抱っこされてたので、それを再現するのはさすがに無理でした(笑い)」

 最後に、映画のタイトルにかけて、「やめたくても、やめられないものは?」と聞くと…

「爪を切ること。すぐ切っちゃう(笑い)」。

撮影■marron

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン