• TOP
  • スポーツ
  • 宮里藍の引退会見 眉が物語る彼女の決意と苦悩

スポーツ

2017.06.03 16:00  NEWSポストセブン

宮里藍の引退会見 眉が物語る彼女の決意と苦悩

眉が葛藤を物語る

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、宮里藍選手の引退会見を分析。

 * * *
 日本女子ゴルフ界をけん引してきた宮里藍が今季限りで現役を引退すると発表した。4月の浅田真央に引き続き、国民的ヒロインの突然の引退にびっくり!である。

 本人にとって現役引退は突然ではなく、発表のタイミングがここだったということらしい。5月中旬に行われたブリジストン・レディースでは64というスコアを出し、今季は調子がいいらしいと思っていた矢先だけに、なぜ?という思いで会見を見た。

 笑顔で登場した宮里選手は、白と黒のジャケットに黒のパンツ。真央ちゃんの引退会見と同じ白と黒の組み合わせで、自分の進退に白黒をはっきりつけるという意思が感じられる。黒のインナーに白のジャケットは1枚仕立てのデザインで白が強調され、晴れやかで清々しい気持ちが強いのだろうという印象を受ける。

 引退を決意した理由は「モチベーションの維持が難しくなった」からだという。だが黒のインナーや黒のパンツは、彼女の精神力の強さや強靭さが戻ってきたことをイメージさせる。ここ数年間の不調を脱し、今シーズン、これから迎える残りの試合に向け、全力で戦おうとする強い意志や決意を感じさせるものだ。

 会見中、宮里選手もそのことに触れ、今シーズンは始めから「手応えは感じていた」と答えている。だがそれは期間限定。終りが見えていればこそのモチベーションアップであり、頑張りだと本人には十分わかっていた。

「理想とする姿はそこにはなかった」
「選手としてピークなのに、メジャー大会で勝てない」
「自分を見失った」

 顔から笑いがすっと消え、そう話した宮里選手。スランプに陥った4〜5年前からストレスを抱え始めたのだろう。いつモチベーションが上がり、自分が理想とする姿に戻れるのかわからない不安や焦り。出口が見つからないことへのいら立ち。終りが見えないことからくる精神的、身体的なストレス。この手のストレスはじわりじわりと積み重なり、気力を萎えさせ、意欲を奪っていく。

 得意なパターがイップスみたいになったと話した。クラブを手に構えると、緊張から手が震えたり、硬直したりしたのだろうが、そう話す彼女の口調は淡々としていて表情も変わらない。すでにこれは過去のこと。今はもう乗り越えているということだ。

 だが、世界ランク1位を取ったプロでさえ、コントロールできていたものがコントロールできなくなる時があるのだ。彼女はそれを「武器だったものが武器でなくなる瞬間がある」と表現したが、その時の驚きや不安はどれほどのものだったのだろう。

関連記事

トピックス