ライフ

アトピー治療のステロイド副作用リスクを減らす療法の実力

アトピー性皮膚炎の最新療法を解説

 アトピー性皮膚炎というのは、乳幼児で発症する外因性アトピーと成人になってから発症することの多い内因性アトピーがある。外因性アトピーは、アレルギーと関係ある免疫物質のIgE抗体を作りやすい体質の乳幼児が、ハウスダストやダニ、食物などに触れることで発症するが、中高生になると治ってしまう場合もある。

 成人の内因性アトピーは、歯科貴金属などが原因で発症し、症状は比較的軽く、女性患者がやや多い。他にも近年、皮膚の角質層にあるフィラグリンというタンパクの遺伝子変異で、アトピーを発症する例も国内で10~27%いると報告されている。

 慶應義塾大学医学部付属病院皮膚科の海老原全准教授に話を聞いた。

「アトピー性皮膚炎の原因は、体質や環境、食生活など患者さん個人で違います。治療に際し、患者さんご自身に症状が悪化する原因を自覚していただくことも大切です。治療は、保湿剤を基本にしたスキンケア指導とステロイド剤や免疫抑制剤タクロリムスなど、抗炎症作用がある外用薬の塗布などで行ないます」

 従来から抗炎症効果のあるステロイド剤などの外用薬を塗布すると症状が軽快するため、その後は薬剤を中止して保湿剤のみを継続する治療が行なわれている。しかし、軽症から中等度の患者の中には、ステロイド剤を中止すると湿疹が再燃する症例が多いため、近年はステロイドの強さのランクを変えずに、間隔をあけて継続するプロアクティブ療法が導入されている。

 これは、もともと湿疹があった部位に、週1~2回抗炎症効果のある外用薬を塗布するもので、再燃を長期に抑えることが可能だ。この施設では、ステロイド剤よりも長期的副作用が少ないといわれる、タクロリムス軟膏も用いて治療されることもある。

関連キーワード

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン