芸能

綾瀬はるか ジャージー風姿の女優オーラ消し去るコーデ

女優オーラゼロの綾瀬はるか

『ローマの休日』のオードリー・ヘプバーンのようなプリンセススタイルの綾瀬はるか(32才)に恋する映画監督志望の青年・坂口健太郎(25才)──大人の恋愛が描かれる映画『今夜、ロマンス劇場で』(2018年公開予定)の撮影が6月上旬にクランクアップした。

「2人は『海街diary』、『高台家の人々』と同じ映画に出演したことはありますが共演シーンはなかったため、今作が初共演。4月下旬から撮影が始まったんですが一気に仲よくなっていました。1か月半ほどの撮影でしたが、綾瀬さんは『健太郎くん、健太郎くん』と、ぞっこんだったそうです」(芸能関係者)

 綾瀬は映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』での共演がきっかけで交際していた松坂桃李(28才)と1年半ほど前に破局したと報じられて以来、新恋人はいないよう。

 久しぶりの真剣愛──と勝手に興奮してしまうが、ちょっと待って。坂口は、綾瀬の事務所の後輩である高畑充希(25才)と目下熱愛中のハズ…。

「後輩のカレを奪ってしまうのでは?というくらいのお気に入りぶりだったようです。でも実際は、どうこうなるってことは全然ない。ただ共演できたのがうれしかったみたいです」(前出・芸能関係者)

 そんな共演直後の6月上旬のある夜20時過ぎ、恵比寿で評判のビストロに綾瀬の姿があった。トキメキ女子の雰囲気かと思いきや、この日は全身黒ずくめで、体のラインもまったく出ない一見ジャージー姿のような気の抜けた格好にも見える。“女優オーラ”を消し去るようなコーディネートだった。

「年上の女性と2人でいたのですが、会話をする時は周囲に気を使って、顔を近づけて話していました。『あのポーズはもう少し考えたほうがよかったな~』と仕事の相談をしているようでした」(居合わせた客)

 食事を終えた綾瀬は、そのまま夜の恵比寿を30分ほどお散歩。その服装とは反対に足取りは軽やかだった。

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン