芸能

松居一代が船越英一郎に宛てた「9枚の遺書」全文公開

松居一代が夫に宛てた遺書の内容とは?

 暴露動画を次々とネットで公開し、夫・船越英一郎(56才)を攻撃する松居一代(60才)。世間を巻き込みながら、破滅へと突き進む「元おしどり夫婦」。この夫婦の“終わりの始まり”はどこにあったのか。本誌・女性セブンは船越と松居の離婚を決定づけることになった重要文書を独占入手。

 2015年11月、船越は松居に離婚の意志を伝えていた。そして、別居生活を続けていた2016年5月に話し合いをし、松居は2017年2月まで待てば離婚に応じると話していたという。しかし、離婚に至らぬままの4月19日、松居は船越に「死ぬ」と伝え、自宅寝室に船越と息子に1通ずつ遺書を宛て、行方不明になった。船越は徹夜で関係各所に連絡を取っていたが、20日朝に松居から連絡が入り、無事が確認される。

 そして、4月23日、松居は再び自殺騒動を起こす。船越のマンションに侵入騒動がありスタッフがかけつけると、玄関には「私の死に場所はここだと思い開けました」とマジックで書かれた紙が置かれていた。そしてそれとは別に9枚にわたる「遺書」も残されていた。その9枚の全文をここで公開する。

 * * *
夫へ
あなたと離れて一年六ヶ月 私はまったくあなたと離れてはいませんでした。
いつもいつも24時間あなたが私の体の中すべてにいました。私の人生はあなたがいないと意味がないのです。
考える時間がほしいと言われて一年六ヶ月苦しみました。苦しみ続けました。
二〇一五年十一月までの二人で歩んできた人生を振り返り一ページずつひもをといていきました。私は愛しすぎて好きすぎて愛の形がまちがった方向へいってしまったのですね。もう十二分に反省をしました。書くことなんかできません。言葉なんかに表現することもできません。
私の全細胞60兆の細胞で猛省してきました。
本当に申し訳なかったです。

おとうさんの怒りに反抗して、私を妻としてくれたあなたに対して私はいたらない妻でした。一年六ヶ月苦しんで悲しんで私は反省をしました。
反省をしてきたから、この私がじっとただひたすらがまんをしてあなたを見守ってきたのですよ。申し訳なかったと猛省しているから私は、ひとりで泣いてひとりで耐えてきました。ひたすら反省をしてきました。
そして一年六ヶ月が過ぎ今、私は、結論を出しました。あなたがいない人生は私には必要ないという結論にいきつきました。
100才まで生きていきたいから、すべてをそこに目標を定めて私は生きてきましたが、あなたがいない人生は、私にはもう必要はないのです。目標よりも40年も早くなりましたが、私はもう人生をたたみます。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン