• TOP
  • 特集
  • 人気女優が金ピカに 「金粉モノ」は何が面白いのか?

特集

2017.08.04 15:59  週刊ポスト

人気女優が金ピカに 「金粉モノ」は何が面白いのか?

金粉を全身に…

 日本人の「性的志向」に合わせ、どんどんと新たなジャンルが生まれるAV業界で一定の人気を誇るのが「金粉モノ」だ。

 女優の全身に金粉や銀粉をペイントしたり様々な汚物で汚したりする性的嗜好「ウェット&メッシー(WAM)」と呼ばれるフェチを実現させた、かなり特殊なAV。しかも出演女優も北条麻妃、波多野結衣、翔田千里と人気女優ばかりで、計28作品も発売されているので、特殊とはいえ実はかなり固定ファンがいるようだ。シリーズの監督、あばしり一家氏が解説する。

「もちろんWAMのマニアに向けて作ってもいます。ただ、マニアではないライトユーザーが自分のお気に入りの女優の特殊なプレイを敬遠しつつも、実際に見てみたら“意外と面白い”“メタリックに輝く体がエロい”と興奮してもらえたら良いなと思います。なるべく巨乳やスレンダーな人気女優に出演依頼をするよう心がけています」

 一般的には金粉姿でセックスするのにどんなエロさがあるのかと思いがちだが、実際に見てみるとかなりエロい。スレンダーなボディがぬらぬらとくねりながら騎乗位する様や、金粉姿で豪快に潮吹きをするシーンなど、通常の裸とはまた違った視覚的なエロさがある。

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事

トピックス