• TOP
  • 特集
  • フェチ作品監督 「ワキ」にこだわった本当の目的

特集

2017.08.05 15:59  週刊ポスト

フェチ作品監督 「ワキ」にこだわった本当の目的

『ワキ臭くないですか?』シリーズのこだわりとは?

 日本人の「性的志向」に合わせ、どんどんと拡散を続けるAV業界で、脇フェチAVを多く出すメーカーが「レイディックス」。『ワキ毛淫熟女』は長く人気のシリーズだが玄人向けということもあり、よりライトに多くの脇フェチに向けて生み出されたのが現在5作品展開する『ワキ臭くないですか?』シリーズだ。このシリーズのレジェンド☆MUKAI監督に作品のこだわりを聞いた。

「最初は女の子の恥ずかしがる顔を撮るのが目的だった。その羞恥の表情を撮るのに最も適しているのが女性の脇を凝視したり脇を執拗に責めること。今のこの時期、女性が薄着になることもあって電車内や街中で脇チラの瞬間が溢れています。これは脇フェチじゃなくても楽しめますよね。本シリーズは日常に潜むエロスをエロい状況で撮るとこうなる、というのも楽しめる要素だと思います」

 このシリーズに出演するAV女優、浜崎真緒が語る。

「脇は自分ではしっかり見られない箇所なので他者に見られ触られるのは恥ずかしい。とくにこの作品では脇の毛穴まで映し出されてしまってアソコを映される以上に恥ずかしかった。斬新な脇コキも初挑戦でした」

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事

トピックス