• TOP
  • 特集
  • 女優・風間ゆみ “伝説”になるまでの若き日々述懐

特集

2017.08.25 15:59  週刊ポスト

女優・風間ゆみ “伝説”になるまでの若き日々述懐

伝説の女優・風間ゆみがデビュー時を回顧

 18歳で単体デビューし、20代半ばで熟女と呼ばれ、20年間休むことなくトップ女優の座を守り続ける風間ゆみ。出演作品は2700本超、AV史上稀に見る女優の過去に迫る──。

 高校卒業後は専門学校へ進学。楽しく生きる学生たちに囲まれ、縛られない学校生活を謳歌した。

「専門学校時代は遊びまくりました。細めのブーツにパンツで“アムラー”みたいな格好して、クラブでナンパされてそのままお持ち帰りとか(笑い)。本当は音もうるさいし全然楽しくないんだけど、クラブで遊ぶことがステータスだったんですよね」(風間)

 AVにスカウトされたのはその頃だった。

「専門学校在学中に山手線の某駅周辺で “AVに出てみない?”と声をかけられて。それまでモデルのスカウトはあったけどAVという単語は初めて聞いた。

“えっ、ナニ?”とすごく興味をそそられて。スカウトマンにポケベルの番号を教えたら毎日のようにベルが鳴るので、事務所に話を聞きに行くことになったんです。仕事内容やギャラを提示されて、自分の興味のままに“やってみたい!!”と決意しました。

 その日、そのまま私服や水着、ヌードの写真も撮りましたが、一切抵抗感がなかった。気持ちよく撮ってもらえるムードを作ってくれたし、新しい刺激への期待感に胸が膨らんでましたね」

 1997年10月、大手メーカー・KUKIよりAVデビューを果たした。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス