• TOP
  • 特集
  • キャリア20年女優・風間ゆみ 辞めたいと思ったことはない

特集

2017.08.27 15:59  週刊ポスト

キャリア20年女優・風間ゆみ 辞めたいと思ったことはない

20年間トップ女優の座を守り続ける風間ゆみ

 18歳で単体デビューし、20代半ばで“熟女”と呼ばれ、20年間休むことなくトップ女優の座を守り続ける風間ゆみ。出演作品は2700本超、AV史上稀に見る女優の過去に迫る──。

 専門学校在学中にAVにスカウトされ、卒業後は一般企業に就職。しばらくの間、昼職とAVの兼業の日々を送っていた風間ゆみがAV一本で生きる決意をしたのは、25歳になった頃。

「もっと真剣に女優業をやってみたくなったんです。昼職を辞めてからは様々なメーカーさんに声をかけていただくようになり、様々な作品に出会えました。

 女優として本気で泣いたのは26歳の時に出演した『癒らし。ずっとあなたを忘れない』(アウダースジャパン)。上司と部下の恋愛ものでしたが、部下に心を開くシーンで入り込んでしまって自然と泣けたんです。“ああ、演じるって気持ちいい”と心底思えた」(風間)

 そんななか、風間は自分の内面のこんな部分にも気づく。

「中学時代から、目立ちたいけど注目されたくない、人前で喋りたいけど自信がない、という感覚がずっとあって。けどAVに出てる時だけはそんなことを気にせずに風間ゆみになりきれる。心の拠り所を感じたんです」

 では、風間ゆみとは何者か?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス