• TOP
  • コラム
  • アイドル動画サービス 月額1000円は「適正」と考えるファン心理

コラム

2017.09.05 17:00  マネーポストWEB

アイドル動画サービス 月額1000円は「適正」と考えるファン心理

『Showroom』ではAKB48や乃木坂46、欅坂46のメンバーも動画配信(画像は欅坂46の長沢菜々香)

 数々の動画配信サービスが存在している昨今。映画やドラマを中心としたサービスが多いが、その一方でアイドルコンテンツをメインとした個性的な動画サービスも多い。

 アイドル系動画サービスの代表的なものが、『Showroom』だ。2013年にスタートした『Showroom』は、主にアイドルや声優などが生配信を行い、それをファンが視聴するというサービス。イベントやライブが中継されることも多い。番組の閲覧は無料だが、番組を盛り上げるための「ギフトアイテム」の一部が有料となっている。アイドル業界に詳しいフリーライター・A氏が説明する。

「ニコニコ生放送などに近いサービスなのですが、当初からアイドル中心のサービスに特化されています。現在はアイドルたちだけでなく、一般ユーザーも番組を配信することができます。ビジネスモデルとしては、動画そのものを販売するのではなく、ファンが配信をしているアイドルに、“有料アイテム”という形でプレゼントを贈るという形です。視聴者がアバターとして画面に表示され、有料のアイテムを贈ると視聴者のランキングが上がるというシステム。ファンとしては、アイドルに認知されるためにアイテムを贈るという側面もあります」(以下同)

 基本的には無料で動画を観られるため、ファンにとっては良心的だとも思えるが、必ずしもそうではないという。

「有料アイテムは、グッズやCDのように形があるわけでもなく、握手会のようにアイドル本人と直接交流できるわけでもありません。そういったことから、ファンに対してそこにお金を使わせてしまうことを心苦しく思うアイドルもいるようです。だからこそ、アイドル側としては、いかにファンに喜んでもらえる動画を配信するかという部分の努力が必要となるのです」

 ちなみに、『Showroom』と同様のサービスとして、サイバーエージェントの『AMESTAGE』というものがあったが、こちらは今年7月にサービス終了となっている。

◆CS放送のアイドル専門チャンネルも

 CS放送などで提供されているアイドル専門チャンネルのネット配信サービスも多い。『Pigooオンデマンド』や『Kawaiian TV』がそれだ。

「基本的には月額見放題の有料サービスですが、視聴方法が数パターン存在していることもあります。番組自体は、CS放送向けに制作されたもので、テレビのバラエティ番組に近いもの。Showroomのようにコメントなどでアイドルと交流することはできませんが、番組のクオリティーは高めです」

「Pigooオンデマンド」の月額見放題は1296円、『Kawaiian TV』はスカパー!オンデマンド版で月額1620円となっている。

 また、月額制の有料動画配信サービス『U-NEXT』(月額税抜1990円)では、「ドルネク」として、アイドルコンテンツが豊富。オリジナルバラエティ番組を配信している。

「HuluやNetflixはドラマや映画は強くても、アイドルコンテンツはそこまで多くありません。U-NEXTではライブ映像なども配信されるので、アイドルファンにとってはとてもありがたいといえるでしょう」

◆月額1080円の動画サービスは特典会1回分

 サイバーエージェントの動画ストリーミングサービス『FRESH!』内には、有料のアイドル番組が幾つか存在しており、ファンから高い支持を得ている。

「たとえば、さくら学院の『さくら学院の顔笑れ!!FRESH!マンデー』は、毎週月曜に配信されている1時間のバラエティ番組。“父兄”と呼ばれるさくら学院のファンの間では、“絶対に外せないコンテンツ”とされています。月額1080円で、毎回1万5000~2万回ほど再生されています」

 同じくFRESH!では、YouTubeにアップされるような短い動画を多く公開するアイドルグループも。

「5人組アイドルグループ『わーすた』は、FRESH!で『わーすた実況中!!!』というチャンネルを開設。月1回のゲーム実況特番のほかに、メンバーそれぞれが、数分程度の動画を公開しています。1人で話している動画や仕事の裏側を紹介するような内容が多く、ファンにしてみればプライベートの様子を知ることができる貴重なコンテンツだといえます」

 一方、メンバー全員が個別のチャンネルを開設しているアイドルグループもいる。

「8人組アイドルグループ『アイドルネッサンス』は、8人全員がFRESH!に個別の有料チャンネルを開設し、それぞれが短い動画を投稿しています」

 こういったアイドル関連の動画配信サービスは、月額1000円程度が主な価格帯だ。ファンとしては、どう捉えているのだろうか。

「YouTubeなど無料で観られる動画サイトもたくさんあるなかで、月額1080円は少々高いようにも思えます。しかし、握手やチェキなどの特典会の相場が1回1000円程度であることを考えると、月額1000円くらいであれば、決して高くはない。アイドルファンにとっては、納得できる適正な価格だといえると思います」

 さらに、アイドルを“支える”という意味合いで、お金を使うファンも少なくない。

「Showroomの有料ギフトは、贈られた分の何%かがアイドルのギャランティーとなるケースも多い。それを理解した上で“アイドルの収入のために”という思いを乗せて、毎月お金を支払っているファンも多いでしょう」

 アイドル動画配信サービスにおける“月額1000円”には、様々な意味が込められているようだ。

関連記事

トピックス