国内

西郷隆盛が現代日本人に問う「文明とは何ぞや」

西南戦争は西郷にとって立たねばならぬ戦だった〈鹿児島城山之図 楊洲斎周延〉 首藤光一/AFLO

 明治維新から150年。いまこそ日本には、西郷隆盛の魂が必要とされている。文芸評論家の富岡幸一郎氏がその精神について解説する。

 * * *
 日本人にとって非常に強い存在としてあり続ける西郷隆盛には、さまざまな側面がある。まずは維新を成し遂げた中心人物という面。内村鑑三が著書『代表的日本人』で〈ある意味で、1868年の日本の維新革命は、西郷の革命であった〉と評したように、西郷なくして維新はなかった。歴史的大転換の主導的人物であり、武人、そして政治的策謀も含めたマキャベリストとしての西郷である。

 他方で、文明開化に対して疑問を抱き続け、大久保利通ら開化派と対極に位置した反開化主義者としての顔もある。

 とはいえ西郷は開明的でもあった。新国家建設にあたり、西洋の各国を知る必要性を認識し、西洋文明にも目を向けている。さらに福澤諭吉の『文明論之概略』(*注)を高く評価していた。

【*注/明治8年(1875年)刊行。文明についてさまざまな角度から論じ、西洋よりも日本のほうが劣っているとした。西洋列強に日本が植民地化されることを危惧していた福澤は、独立を守るためには徳ばかりを重んじるのではなく、知識の習得が必要だと訴えた】

 ひとつの像におさまりきらないこの英雄にいまも多くの日本人が魅了されるのは、現代において西郷の精神が必要とされているからではないか。西郷の精神とはいかなるものか。特筆すべきは、西南戦争に臨んで西郷が示した文明観である。挙兵にあたり、西郷は陸軍大将の名で文書を県令・大山綱良宛に送る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン