• TOP
  • スポーツ
  • DeNA筒香嘉智「僕はコツコツやる練習が苦にならない」

スポーツ

2017.09.08 07:00  週刊ポスト

DeNA筒香嘉智「僕はコツコツやる練習が苦にならない」

4年連続で本塁打20号以上の大台を突破

「自分はプロ野球選手なので、シーズンが終わった時に、それが良かろうが悪かろうが、自分の成績に責任を取らなければなりません。でも、個人の成績より大切なことがある。それは優勝するためにチームが勝つこと。僕はそこにしか興味はありません」

 しゃべり方は謙虚だが、言葉の端々に自信が溢れ出す。昨季、セ・リーグの二冠王(本塁打・打点)に輝いた横浜DeNAベイスターズの主砲・筒香嘉智(25)。今年3月のWBCで侍JAPANの4番打者も務めた彼が、現役日本人最強打者であることに異論を挟む野球ファンはいないだろう。

「調子のいい時も悪い時も、僕は常に“もっと良くなろう”と考えている。だから二冠王になった時も、そこまでメチャクチャ嬉しいという感覚はなかった。タイトルを獲ることよりも、自分がもっと野球が上手くなることの方に興味があったからです」

 現役最強打者は、何を考えながら、どんな精神状態でプレーしているのか。打席での集中の仕方などを聞きたくて、どんなイメージを持って投手と相対するのか質問した時、興味深い答えが返ってきた。

「普段よく使われる“集中する”という言葉は、本当の意味がはき違えられていると思う。自分の視野や精神を一点に凝縮させている状態を指すような意味で使われますけど、それは集中ではなく、ただ入り込んでいるだけ。広い視野ですべてを捉えること。それが本当の意味での集中している状態だと思います」

 筒香が、少年時代から松井秀喜に憧れていたことは有名な話だが、実はその松井も現役当時、「試合全体で集中しているので、打席の中だけ集中するという意味がよくわからない」という感覚を持ってプレーしていたそうだ。

関連記事

トピックス