• TOP
  • 特集
  • 愛染恭子が仏ヌーディストビーチで代々木忠監督に見せた忖度

特集

2017.09.09 15:59  週刊ポスト

愛染恭子が仏ヌーディストビーチで代々木忠監督に見せた忖度

名監督が舞台裏を語る

 1982年に発表されたビデオ『愛染恭子 華麗なる追憶 ヨーロッパ・ノーカット版』は、ピンク映画の名匠・代々木忠監督により、フランスのパリ、ニース、モナコで撮影され、一部の劇場でも上映された異色作。同題で写真集(近代映画社刊)も発売されている。代々木監督が撮影時の思い出を振り返る。

 * * *
 忘れもしない1982年の9月ですよ。俺は7日にフランス入りして、ロケハンをしていた。モナコ郊外のラ・トゥルビーで崖のある見晴らしの良い場所を教えてもらい、そこで撮影しようと決めていた。そしたら、愛染恭子が現地入りした13日にモナコの公妃であるグレース・ケリーがその場所で事故死してしまった。周囲一体が封鎖されて撮影できなくなったから、よく覚えていますよ。

 撮影自体は約10日間、制作費は3000万円くらい。当時のビデオでは破格の金額だよね。ヌーディストビーチを借り切って、エキストラを50人雇った。中には、公務員や看護婦も結構いたんですよ。子ども連れの教師の夫婦までいた。フランスは裸への偏見がない国なんだよね。

 この作品で一番こだわったのは、本気のオナニーシーン。彼女は「演技によって本物を超えたい」という意識があった。それでも、俺は「本気でイクところを見たいんだ」としつこく迫った。最終的には、受け入れてくれたよね。唯一、監督が譲らない部分だと思って、忖度したんじゃないかな(笑い)。

関連記事

トピックス