• TOP
  • 国内
  • 宝塚追っかけ浪費妻 ジェンヌ退団時に向け“退団貯金”に励む

国内

2017.09.27 16:00  女性セブン

宝塚追っかけ浪費妻 ジェンヌ退団時に向け“退団貯金”に励む

宝塚で浪費する妻の実態とは?(宝塚公式HPより)

「夏のボーナスをすべてK-POPアイドルにつぎ込んだ」、「ディズニーランドにのめり込むあまり、ミッキーをきれいに撮るため、20万円の一眼レフを買った」──そんな驚くべき“浪費女”の実態を描いた『浪費図鑑』(小学館)が話題になっている。夫をなだめ、家事や育児と両立しながら自分の趣味にお金をつぎ込む“浪妻”に、こっそり内緒話を聞いちゃいました。

「宝塚で浪費する妻」なのが、37才フルタイム勤務、サラリーマンの夫とふたり暮らしのC子さん。

 * * *
 タカラジェンヌを本気で応援しようと思ったら、まずはファンクラブに入ること。ファンクラブ会員と一般ファンには深~い溝があって、会員以外はファンレターすら渡せないんです。

 会員になると、ファンクラブで作るパーカやTシャツ、マフラーなど“会服”と呼ばれるおそろいのコスチュームを身につけて観劇へ。見終わったら外に出て、どんなに天候が悪かろうと2時間は出待ちの日々よ。

 チケット代やポスター代に加えて会服は予想外の出費だけど、それを着るのがファンの証だとも思うからなんだか誇らしいし、袖を通すと“さあ、応援するぞ!”ってテンション上がっちゃう! さらにジェンヌさんが退団する1週間前になると、特殊な白い“会服”にグレードアップ。

 退団前はDVDが発売されたりするから、会員みんなで“退団貯金”に励むのが恒例なの。

※女性セブン2017年10月5日号

関連記事

トピックス