• TOP
  • 国内
  • 上からの「働き方改革」は経営に対する冒涜である

国内

2017.09.27 07:00  週刊ポスト

上からの「働き方改革」は経営に対する冒涜である

 一方、ホワイトカラーの仕事には定型業務(=ブルーホワイト)と非定型業務があり、海外の企業は定型業務のアウトソーシングやコンピューター化によってホワイトカラーの生産性を上げてきた。ところが大半の日本企業は、定型業務と非定型業務がないまぜになっていて定型業務を標準化していないため、アウトソーシングもコンピューター化もできないでいる。だからブルーカラーの生産性は飛躍的に向上したのに、ホワイトカラーの生産性はいっこうに向上しないのだ。これが日本企業の給料が上がらない最大の原因である。

 したがって、今後は定型業務を標準化し、アウトソーシングやAI(人工知能)へのシフトによって“ブルーホワイト”の削減を推し進め、生産性の向上を図らねばならない。連合は反対するだろうが、この課題をクリアしないと日本企業は世界で戦えないのだ。

 もう一つの日本企業の課題は、非定型業務のホワイトカラーの能力向上である。彼らがクリエイティブな領域でグローバルな競争に勝てるだけの力を持てるかどうかで、日本企業の「稼ぐ力」が決まるからだ。

 たとえば購買は、どこから買うのがベストなのか、どういうタイミングで買うべきなのか、より良いものはないのか、といったことを調べて改善する。営業の場合は、担当エリアでどうやって新しい顧客を見つけてくるか、どういう順序で顧客を回ったら最も効率が良いのか、と訪問のルートや優先順位などを毎日懸命に考える。設計なら、機械化によって効率を上げるとか、昔の図面をデジタル化して検索できるようにする、といったことを提案する。

 これらがクリエイティブな非定型業務というものであり、その実績は「かけた時間の長短」ではなく、「成果」で計られるべきものである。だから場合によっては、休日に考えてもよいし、徹夜で集中的にやって翌日休んでもかまわない。つまり、良いアイデアやソリューションを生み出し、思考を深めていけるようなシステムや環境、雰囲気を整えられるかどうか──。それが非定型業務のホワイトカラーの能力を決める最大のカギなのだ。

関連記事

トピックス