特集

最新特集記事のRSS

三上悠亜 中2で彼と経験した“史上最高”の思い出

2017.09.28 15:59

 16歳から5年間、某国民的アイドルグループに所属するも、活動休止後に“1本限定”の触れ込みで、20

 16歳から5年間、某国民的アイドルグループに所属するも、活動休止後に“1本限定”の触れ込みで、2015年にMUTEKIデビューした三上悠亜。そんな三上が「自分史上最高の体験」を語る。

「アイドル時代の私はとにかく中途半端で、有名になりたいくせにどこか真剣じゃなかった。その上、不真面目だったので活動休止にもなりましたし(笑い)。最初は絶対に1本限定だって思ってました。でもこの1本目の反響が自分の想像以上に大きくて驚いて。アイドル時代は全然目立たない存在だったからこそ、あそこまで私が注目されると思わなかったし、だからこそこの注目を逃したくなかった。

 けどぶっちゃけると、男優さんというセックスのプロともっと色んなエッチをしてみたい興味もありました(笑い)。実は私、初体験はアイドルデビュー前の14歳だったし、その時の彼氏といろんな経験をしてエッチに目覚めていたから、アイドル時代の男女交際を禁じられた状況が息苦しすぎて……。私は正直、エッチがしたくてたまらなかった。なので、堂々とより気持ちいいエッチができるって期待感も大きかった。

 そんな私の史上最高のエッチは初体験の彼との思い出。私が中2で彼は中3で、校内のトイレでしたエッチが一番です(笑い)。全校集会で全生徒が体育館に集まるなか、1階の男子トイレで立ちバックしたんです。

 彼は私を無言でトイレに連れていくと、入るなり窓際に体を押しつけてきて……。壁に手をつけて強引にスカートをたくし上げると、間髪入れずにパンツをズルッと下げられたんです。私はもうされるがままで抵抗もせず。でも、体は準備万端で濡れてまして、そのまま愛撫もなしに挿れられました。遠くで校長先生が何か話してる声を聴きながら、普段だったら絶対に入れない男子トイレ内で後ろから突かれて、最高に感じたし、背徳感で濡れました。

 これからも自分史上最高のセックスを塗り替えていきたい。AV女優として、ひとりの女性として、素敵に成長していきたいですね」

■取材・文/河合桃子 撮影/津田ひろき

※週刊ポスト2017年10月6日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP