国際情報

男尊女卑が根強い中国 妊婦が無謀な産み分けに走る悲劇も

地下のマーケットがいまも厳然と存在か

 先進国において「男女同権」は常識となりつつあるが、中国ではまだまだそうはいかない。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 中国社会における子供の男尊女卑は、「一人っ子政策」が実質的に崩れ去った現在もまだ健在だとされる。

 先日も、出産前に性別を知りたいと願う親たちの要望を受けて、大量の妊婦の血液検査用のサンプルを隠し持って香港へと渡ろうとしていた業者が、水際で摘発されるという事件が発覚し国内でも大きなニュースとして取り上げられた。子供の誘拐に絡み売買される嬰児の値段も男女では5倍ほど値段に差がつくともいわれている。

 男児の出産をとりわけ喜ぶ傾向が強いのは農村部で、北京や上海などではもはやそうした傾向は薄らいでいる。だが、中国全体を見回せば、まだまだ“男尊女卑”は根強い。

 さて、そんな中国にあっても人々をあっと驚かせるニュースを発信したのは8月22日付『現代快報』である。記事のタイトルは、〈男の子を産みたいと“神の薬”を服用 結果、二つの性を備えた子が産まれる〉だ。

 今年、江蘇省連雲港市の第一人民医院の医師が、4歳になる両性具有──男性器と女性器の両方を持った──の子供に手術を施したというニュースだったが、驚いたのはその記事のなかで子供が両性具有となった原因を、〈母親が妊娠中に“転胎神薬”と呼ばれる民間医療の薬を飲んでいた〉と解説されていたことだ。

 民間医療などと表現されると聞こえは良いが、実態は言い伝えや迷信のたぐいだ。

 はたして本当に薬の影響か否かは確かめるすべもないが、驚かされるのは、そうした怪しい薬がいとも簡単に手に入ってしまう環境がまだ中国にはあるという事実だ。また、妊娠中という極めてデリケートな時期に、人体にどんな影響があるかも不明な薬を、医師の判断もなく飲んでしまうという感覚だ。

 そこには男の子を産みたい、もしくは産まなければならない妊婦のニーズにこたえるように発達した地下のマーケットがいまも厳然と存在していることをうかがわせる。IT革命が爆発的に中国人のライフスタイルを変えている現在にあってもなお、中国人のこうした因習が消えることはないのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン