• TOP
  • コラム
  • ウォーキング・デッドを楽しむならどこ? 動画サービス比較

コラム

2017.10.10 17:00  マネーポストWEB

ウォーキング・デッドを楽しむならどこ? 動画サービス比較

10月23日から放送が開始する『ウォーキング・デッド』シーズン8(FOX公式HPより)


 大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のシーズン8が、いよいよ10月23日から放送がスタートする。そこで、シーズン1からシーズン7までの過去作を含めて、『ウォーキング・デッド』を楽しむには、どの動画サービスを選択すればいいのか、各サービスを比較してみよう。

 まず、10月23日にスタートする『ウォーキング・デッド』シーズン8は、FOXネットワークスが運営するドラマや映画の専門チャンネル『FOX』にて毎週月曜22時から放送される。『FOX』は、「スカパー!」、「J:COM」、「ひかりTV」、「auひかり」といったテレビサービスで視聴が可能となっている。

 また、ネットを介した動画配信サービスでは、「dTV」と「Hulu」で『FOX』を見ることができる。つまり、パソコンやスマホで『ウォーキング・デッド』のシーズン8を見るには、「dTV」か「Hulu」を契約する必要があるのだ。

「dTV」は、NTTドコモが運営する動画サービス。月額500円(税別、以下同)で約12万作品が見放題となる。スマホ、タブレット、パソコンで視聴可能。専用機器があればテレビでも見られる。また、映画やドラマ、アニメだけでなく、漫画やカラオケも楽しめるのが特徴だ。『ウォーキング・デッド』の過去のシリーズも全作見ることができる。

「Hulu」は、パソコンやスマホで視聴することができる動画配信サービス。月額933円で4万本のドラマや映画が見放題。オリジナルドラマなども配信されている。もちろん『ウォーキング・デッド』の過去作も見放題だ。

◆オリジナルが豊富なNetflixと安さのAmazonプライム

『ウォーキング・デッド』のシーズン8をいち早く観られる動画配信サービスは、「dTV」と「Hulu」だけだが、「Netflix」、「Amazonプライムビデオ」、「U-NEXT」では、シーズン1からシーズン7を見ることができる。

「Netflix」は、ベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのプランがあり、ベーシックは月額650円で同時に視聴可能な画面数は1つのみ、HD非対応となっている。スタンダードは月額950円で同時視聴画面数は2つ、HD対応。プレミアムは月額1450円で同時視聴画面数が4つ、4K対応となっている。

 そのほかの動画配信サービスと同様、「Netflix」でも多くの映画やドラマが見放題だが、注目すべきはオリジナルコンテンツのラインナップだろう。ケビン・ベーコン主演の政界ドラマ『ハウス・オブ・カード』や、ブラッド・ピット主演のオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』、ピース又吉直樹原作の『火花』など、Netflixでしか見られない作品が数多く配信されている。

 料金の安さが魅力なのは、「Amazonプライムビデオ」。年3900円(税込)もしくは、月400円(税込)のAmazonプライム会員向けのサービスで、同時に音楽配信サービス「Prime Music」やAmazonで購入した商品の送料無料サービス、写真を無制限に保存できる「プライム・フォト」など、様々なサービスが利用できる。また、映画やドラマだけでなく、お笑いのオリジナルコンテンツが豊富なのも特徴だ。

「U-NWXT」は、月額1990円で映画、ドラマ、アニメに加え、70誌以上の雑誌も電子版で楽しむことができるサービス。料金はほかのサービスに比べて少々高めだがU-NEXTポイント1200円分が含まれており、そのポイントを使って電子版のコミックや最新映画を楽しむことも可能だ。

『ウォーキング・デッド』最新作シーズン8を、最速で見たいのであれば、「dTV」か「Hulu」を選択するしかないが、過去のシリーズであれば、今回紹介したいずれの動画サービスでも楽しむことができる。料金や配信コンテンツを吟味して、自分に合ったサービスで『ウォーキング・デッド』を楽しもうではないか。

関連記事

トピックス