• TOP
  • 国際情報
  • 仏大統領夫人「男性と正面からぶつからない」姿勢に好感

国際情報

2017.10.20 07:00  女性セブン

仏大統領夫人「男性と正面からぶつからない」姿勢に好感

小池氏が仏大統領夫人に学ぶべき点とは?

『希望の党』を立ち上げ、日本中から注目されることとなった小池百合子東京都知事。日本初の女性総理大臣誕生かと期待も高まったが、結局衆院選には出馬せず、その支持率も下降線をたどることとなった。

 女性の星だったはずなのに、「排除」の姿勢などからどんどん嫌われ始めている小池氏だが、その一方で世界には同性から熱く支持される女性がいる。

 ブリジット・マクロン。フランスのエマニュエル・マクロン大統領(39才)の24才年上の夫人であり、小池氏と同年代の64才だ。

 夫妻の出会いは約20年前。マクロン氏は15才で、ブリジットさんは彼の通う高校の教師だった。当時の彼女は既婚者で3人の子供がいたが、2回り年下の彼と許されぬ恋に落ちた。結局、夫との離婚に踏み切って2007年にマクロン氏と再婚した。

 今年5月の大統領選でマクロン氏が39才の若さで勝利したのちは、「プルミエール・ダム」(ファースト・レディー)として絶大な人気を誇る。

 そんな彼女の単独インタビューを掲載した雑誌『ELLE』は、ここ10年間で最高の売り上げを記録し、日本でも女性ファンが急増中だ。

 元フランス文学の教師ということもあり、知性と教養を備えるブリジットさんはファッションセンスも抜群。今年5月のG7では白いジーンズに真っ赤なセーター姿で並み居る首脳夫人を圧倒した。彼女の魅力をフランスで20年暮らしてきた医師・岩本麻奈さんが語る。

「ものすごい美人ではないけど64才とは思えないスタイルでメイクはナチュラル。無理して若さを保っていないことも人気の秘訣です。ユーモアがあるのに知的で、大統領が財界の寵児となり高収入の時でも、高校教師を続けて自分の仕事に誇りを持つ点もフランス女性から支持されます」

関連記事

トピックス