• TOP
  • スポーツ
  • 清宮は? ドラフト高校生 遠山奬志、広澤克実、記者の評価

スポーツ

2017.10.25 07:00  週刊ポスト

清宮は? ドラフト高校生 遠山奬志、広澤克実、記者の評価

注目が集まる清宮をプロはどう見るか(写真:時事通信フォト)

 清宮幸太郎(早実)は過去最多8球団を超える1位指名を受けるのか──今年のドラフト(10月26日開催)の最大の注目ポイントだが、他にも注目選手が目白押し。アマ球界に詳しい評論家の広澤克実氏と遠山奬志氏、スポーツ紙のアマ担当デスクの3人がドラフト1位候補者たちの実力を採点する。ある在京球団スカウトが語る。

「1位で競合の可能性があるのは『高校生BIG3』の清宮、中村(奨成)、安田(尚憲)と社会人の田嶋(大樹)。立命館大の東(克樹)は外れ1位の筆頭と見られている」

 まず最注目の清宮を「5つ星の特Aクラス」と評したのは広澤氏。

「ボールを遠くへ飛ばす技術は天性のもの。木製バットにも順応しており、1年目から通用すると思う。ただ巨人や阪神のように、早くから結果ばかり求める球団では難しいだろう」

 清宮より安田尚憲(履正社)を5つ星にしたのは遠山氏だ。

「現段階では清宮が上だが、プロに必要なのは総合力。安田の方が可能性を秘めており、伸びシロに期待したい」

 スポーツ紙のデスクはBIG3をすべて4つ星にした。

「清宮は守備に難があり、中村は木製バットへの順応に時間がかかる。安田は清宮ほど守備に不安がないが、打撃面に穴が多い。ですが、3人ともプロでの活躍が十分期待できる」

関連記事

トピックス