• TOP
  • 特集
  • 記事登場NG女優が対談 彼女たちの“昼顔”は?

特集

2017.11.12 15:59  週刊ポスト

記事登場NG女優が対談 彼女たちの“昼顔”は?

取材NG女優が登場!(写真はイメージ)

 実はAV業界には、スポーツ新聞や週刊誌で紹介できない女優が存在する。それが通称、パブNG女優である。“パブ”とはパブリシティのことで、NGということは雑誌やテレビといったメディア媒体に一切出ない女優のことをいう。彼女らがパブNGにしてまでAV出演するのにはワケがある。今回は素顔の美しい2人のパブNG女優に、彼女たちの“昼顔”について聞いた。

 ひとりは劇団に所属しながらアルバイト感覚でAVに出演している、綾瀬はるか似のA子さん(23)。もうひとりはAVで経験不足を解消したかったという有村架純似のフリーターのB子さん(20)だ。

A子「AVデビューして半年で4、5本に出演しました。もともと他人に裸を見せることに抵抗がなかったのと、セックスも好きだったので気持ちいいことしてお金をもらえるなんてラッキーと思って始めました」

B子「私は実はAVに出る前に18歳で一度処女を捨てただけのセカンドバージンで自信がなかった。年相応に経験をしたいと思い、今年5月にAVデビューしました。発売されてない作品も含めると10本くらい出演しました」

A子「B子ちゃんの胸、大きいよね。乳首もちょっと色が濃いめで、なんだか遊んでそうな色だけど、本当にセカンドバージンだったの?(笑い)」

B子「嘘じゃないですー。けどAVデビューしたらバストがなぜかDカップからEカップにサイズアップしたのには自分でも驚きました。女性ホルモンが出たのかな? ところでA子さん、劇団員ってけっこうエッチに対して自由奔放なイメージがありますが、A子さんもそうなんですか?」

関連記事

トピックス