スポーツ

羽生結弦にメドベージェワも負傷 ジャンプ偏重ルールの是非

羽生はNHK杯の公式練習で右足首を負傷(時事通信フォト)

 羽生結弦選手(22)の負傷に続き、フィギュアスケート界に、ショッキングなニュースが飛び込んできた。世界選手権2連覇中で、平昌五輪の金メダル最有力候補のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア、18)が右中足骨を骨折しているとロシア・スケート連盟が伝えたのだ。12月に名古屋で行われるグランプリ・ファイナルを欠場する可能性も出てきた。

 異変はすでに表れていた。グランプリシリーズのロシア杯、NHK杯と続けてジャンプで転倒。ジュニア時代から完全無欠の演技を見せつけてきたメドベージェワにとって、2大会連続での転倒は異例ともいえる失敗だった。それでも優勝し、本人はインタビューで「体調は整っている」と答えていたものの、両足にはテーピングが施されており、異変を感じとったファンや関係者は少なからずいたはずだ。はたして、骨折が発表された。

 美少女戦士セーラームーンをはじめ、日本のアニメの大ファンとしても知られるメドベージェワ。日本語も習得中で、日本にもファンの多い選手だ。フリーでは3回転+3回転の連続ジャンプを2回組み込んだ、息つく暇もない高難度プログラムを滑る。

◆男女金メダル候補の相次ぐケガ

 これまでもフィギュアスケート選手の多くがケガとの戦いを強いられてきた。とりわけ難度の高いジャンプを飛ぶようになると、ケガのリスクは高まる。羽生選手が負傷したのも、6種類のジャンプの中で一番難しいとされる、ゆえに成功時には高得点が得られる、4回転ルッツの練習中だった。

 羽生選手の4回転ルッツ挑戦を“無謀”だったとみる向きもある。ルッツを飛ばなくとも、他の4回転の質を高めることで十分に勝てるはずだと。実際、オーサーコーチも、羽生選手が4回転ルッツを練習することに当初は反対したという。

 ただし<挑戦>は、羽生選手にとって、フィギュアスケートと同義のような言葉だ。挑戦なくしてフィギュアスケートをやっている意味はないと、ことあるごとに語っている。

 もう一つ、現在の採点システム自体が、高難度ジャンプへの挑戦を促すようにできているともいえる。4回転ジャンプの点数の比重が高く、得点を稼ぐためには、ジャンプを成功させるのが最も確実な方法なのだ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン