• TOP
  • 芸能
  • 韓国記者座談会――東方神起は仕事に熱心で韓国芸能界の良心

芸能

2017.11.26 07:00  女性セブン

韓国記者座談会――東方神起は仕事に熱心で韓国芸能界の良心

韓国の記者たちが東方神起についてぶっちゃけトーク

 兵役を終え、復活したユンホ(31才)とチャンミン(29才)の東方神起。ドームツアーで65万人を動員するなど日本では過熱の一途を辿る東方神起ブームだが、韓国ではどうなのか。

 アイドルの価値観、ファンの性質、メディアの報道姿勢、その全てが日本とはまるで違う韓国の芸能界事情を、現地のスポーツ紙記者Aさん(30代女性)、ネットメディア記者Bさん(20代女性)、テレビ局員Cさん(30代女性)の3名が本音で語り合った。

C:新人アイドルの取材をしていると、『東方神起に憧れてこの世界に入った』というメンバーが結構多い。自分たちが日韓で活動できるのは、東方神起が道を切り開いたおかげだ、と。

B:同じ事務所の『EXO』のシウミンは、東方神起のファンクラブに入っていたって言ってました。

A:男性アイドルの『SEVENTEEN』もそう。ライブで東方神起の楽曲『Rising Sun』をカバーしたことがあったんだけど、彼らのファンは若い層が中心だから、東方神起の楽曲だってことを知らなくて。『新曲ヤバい格好いいね』って盛り上がっていたくらい(笑い)。

B:『BTOB』や『防弾少年団』もよく東方神起の楽曲をカバーしています。

C:そうそう。『BTOB』に好きなアーティストを聞いたら、「東方神起」って明言していました。「彼らのように、日韓で長く愛されるグループになりたい」って。

A:後輩を東方神起もかわいがっています。

B:特に同じ事務所の後輩に対しては、すごく面倒見がいい。『EXO』のステージを見たユンホが、彼らに真剣にアドバイスしていたことがあって。リーダーのスホは、練習生時代からユンホに何度も怒られたり、助言をもらったりしていたって。

関連記事

トピックス