• TOP
  • 国内
  • ペットには向かないカワウソ 感染症リスク高く密輸の対象に

国内

2017.12.10 07:00  女性セブン

ペットには向かないカワウソ 感染症リスク高く密輸の対象に

カワウソはペットには不向き(Ph:Thinkstock/Getty Images)

 犬や猫だけでなく、たくさんの種類の動物がペットとして飼われている。しかし、中には「ペットに向かない動物」もいる。例えば今大人気のカワウソ。実は家庭で飼うには向かないという。その理由と問題点とは何か。

 今年10月、全国の水族館や動物園で飼育されているカワウソのナンバーワンを決める「第一回カワウソゥ選挙」が開催された。総投票数は、目標の1万票を大きく上回る51万票以上を記録し、大きな反響を呼んだ。また、カワウソと触れ合えるカワウソカフェも全国的に増えており、今、空前のカワウソブームが起こっている。

 そもそも、ほとんどのカワウソは絶滅危惧種だ。多くの動物園・水族館で飼育されているコツメカワウソも、ワシントン条約では附属書II(国同士の取り引きを制限しないと、将来絶滅の危険が高くなる生き物)に入っており、日本に輸入するためには、輸出国の輸出許可証が必要となるが、法律上自宅でペットとして飼うことは禁止されていない。

 カワウソの愛嬌のある表情や仕草にハマり飼いたいと思う人も多く、ペットショップでは1匹50万~100万円で販売されている。

◆飼育には大きなケージや水場が必須

 ブームを受け、カワウソを飼いたいという人が増えているが、カワウソはペットに向かないと、国内外でカワウソの研究を行う筑紫女学園大学の佐々木浩さんは指摘する。

「動物園や水族館などでの飼育のマニュアル化は進んでいますが、カワウソの生態はいまだ未知の部分が多い。人への感染症の有無についてもはっきりしておらず、リスクが高いんです」(佐々木さん)

 欧米では傷ついたカワウソを保護するケースはあるが、一般家庭でペットとして飼うのは世界的にも珍しいという。

 飼育には、水浴びや運動ができる広いプールやケージなどが必要なうえ、カワウソは群れで生活するため、多頭飼いが理想となる。経済的負担が大きい点も、日本で飼うには不向きな理由になっている。

◆絶滅危惧種なのに密輸の対象に!

 テレビなどを通じて、かわいいイメージが先行し、生態や飼育法についての正しい知識や情報が伝わらないまま、ペットとしての人気は加速する一方だ。

 需要が急激に増えたため、ペットショップでの価格も高騰を続けており、その影響で、深刻な問題も起こっている。

 今年10月にタイの首都バンコクの空港からカワウソ10匹を密輸しようとしたとして21才の女子大学生が野生動物保護法違反で逮捕された。同様の密輸事件は今年だけで4件起きている。

「これは異常事態です。絶滅危惧種であり自然の状態でも減りつつある中で、絶滅に拍車をかけることになりかねない」(佐々木さん)

 本来なら保護しなければいけないカワウソを、危険にさらしているのだ。佐々木さんの研究グループはこの状況を危惧し、タイの研究所と今後の対策について検討を始めたという。

※女性セブン2017年12月21日号

関連記事

トピックス