• TOP
  • 特集
  • 美熟女たちはなぜ「12月20日」に燃え上がるのか?

特集

2017.12.12 15:59  週刊ポスト

美熟女たちはなぜ「12月20日」に燃え上がるのか?

 ユミコさんのように、12月に入ると“高まり”を感じる美熟女は少なくない。不倫当事者の取材を続けるライターの亀山早苗氏は、「イルミネーションが女性を燃え上がらせ、心を狂わせる」と言う。

「11月末から街はイルミネーションがきらめいて、じわじわと盛り上がってきた気分がクリスマス直前にピークを迎えます。女性はクリスマスの街に酔いたいという思いがあり、隣にいる男性と街並みを“きれいだね”と言い合っているだけで恋に落ちるような感覚になります。それは“錯覚でもいいから”という気持ちなんです。この時期には、女性の方から手を繋ぎたくさせる魔力があります」

 そうした感情のピークは、ユミコさんと同じように「20日」前後に訪れる。亀山氏はこう続ける。

「地方に住むダブル不倫のカップルは12月の20日前後に1泊旅行をするケースが多いですね。年末年始は融通が利かないし、クリスマスは家族行事がある。そのちょっと前の20日前後だと“今年最後の同窓会”“東京の友達に会ってくる”と言い訳ができ、クリスマス直前でロマンチックな雰囲気が味わえる。年末年始はしばらく会えなくなるとわかっているからこそ、その前に燃え尽きたいと思わせる時期でもあるんです」

 大手広告会社で働くリサさん(39)も、「12月の乙女心」をこう説明する。

「夜中まで賑わっている季節だし、忘年会やイベントも多いから、12月はいつ誘われてもいいようにコートの中はノースリーブのワンピースを着ています。それも街の雰囲気に合うように、白っぽい色を身に着けるようになるんです。そうして“何か起きないかな”って期待感にワクワクしてるんです」

関連記事

トピックス