芸能

窪田正孝と熱愛の水川あさみ、舌を巻く「同棲力」を持つ

これまで多くの人気俳優と交際報道が

「え、2~3か月で同棲って早くない!?」「2016年は別の人としてたような」「私なんて、2年もつきあってて同棲の“ど”の字もないのに…」。今、独身女子たちが彼女の“早ワザ”に舌を巻いているという。話題は水川あさみ(34才)と窪田正孝(29才)の同棲報道についてだ。

『FRIDAY』(12月22日号)によると、2017年7~9月期のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で共演したばかりのふたりは、ドラマのクランクインからわずか6か月後の11月下旬には同棲をスタート。家賃は窪田が全額を出しているという。

 水川といえば、サバサバした姉御肌の性格と共に知られるのが、恋多き女だということ。

「これまでに相葉雅紀さん(34才)、小出恵介さん(33才)、大東駿介さん(31才)と人気俳優との交際が報じられてきました。しかも、みんな交際すぐに半同棲状態になるとか。今回もオープンカーで堂々とデートしていましたし、“彼女となら見られてもいい”“彼女なら一緒に住みたい”と思われる女性なんですね」(芸能関係者)

「彼ともっと一緒にいる時間がほしい」「結婚を意識させたい」「浮気防止に」――同棲して一歩関係を前進させたいという独身女性は多いが、若い男性からすれば、自由を拘束されるようで、敬遠する人も多いという。彼女の「同棲力」の秘訣とは。

「彼女はとにかく恋愛体質。好きな人ができると、直接軽い口調で“好き!”と言いまくるそうです。だから男性も軽いノリで“ご飯でも行くか”ってなる。でも、ふたりきりになるとキャラ一転、甘えたり繊細な一面を見せたりするので、男性はそのギャップにコロッとやられてしまうんです。交際を始めると、みんなの前では姉御肌で、ふたりきりだと相手を気遣う癒し系に。だめ押しが“いつも一緒にいたい”という言葉。将来を見越して作戦立てているわけではないんですよ。そんな計算のない天然な雰囲気が男性を安心させて信頼されるんだと思います」(水川の知人)

 やっぱりマネできそうにない。

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン