芸能

松居一代「二度と誹謗中傷しない」と誓約書を書いたか

会見でピースサインの松居一代

「何が大事なのかを考えた中で答えは1つでした。財産です! 財産分与はございません。見事勝ち取りました!!」

 松居一代(60才)の生放送会見を“元夫”船越英一郎(57才)は無表情に見ていた。そして、ポツリとこう漏らしたという。

「息子よりもお金が大事とでも言うのか、アイツは…」

 2017年12月15日、船越との離婚が成立した松居は都内ホテルで会見した。その口から出たのは、まさかの勝利宣言。満面の笑みを貼り付けて40分間話し続けた。

「人生の大掃除ができました」

 松居は「求めるのは謝罪のみ」「芸能生活をなげうっても、最高裁まで戦う」という強硬姿勢をとっていた。しかし結果は、2度目の離婚調停で双方合意というスピード決着。なにが起きたのか。

 船越が離婚調停申立書を裁判所に提出したのは2017年6月末のことだった。

「離婚の話し合いが始まったのは2016年年初です。1年後に穏便に離婚することで合意しましたが、約束の2017年2月になって松居さんは応じないと言い出した。そして4月に『自殺する』『1億円払い込まれなければすべてを暴露する』と狂言自殺騒動を起こしました。船越さんもさすがにもう無理だとなったんでしょう。離婚調停の申立書を提出しました」(芸能関係者)

 それを知った松居は“逆襲”を開始する。動画配信サイトを用いて、次々と船越の不貞を訴えたのだ。

「『船越が松居に耐えきれず、離婚を決めた』という話が広まる前に、“船越の方が不倫をしている悪者だ”と世間に印象づけたかった。そのねらいが的中したかは別にしても、おどろおどろしい“煽り動画”は大反響を呼び、『松居劇場』ともてはやされました」(前出・芸能関係者)

 傍目には松居が攻勢だったが、実は水面下ではまったく逆の事態が進行していた。

 調停に先立つ7月、船越はプライバシー侵害の仮処分申請を東京地裁に提出した。

「名誉棄損やプライバシー侵害の裁判に発展すれば、高額の損害賠償金が予想されます。松居さんは裁判所で“もう二度と誹謗中傷はいたしません”と誓約書を書いたようです。それを受けて、船越さんは申請を取り下げたんでしょう」(前出・芸能関係者)

 以降、松居のトーンは激変。1回目の調停が9月4日に行われた。

「いろんな弁護士に協力を要請してもかなりのかたに断られ、1回目の調停には松居さんはひとり出席されたそうです。やはり動画で一方的に船越さんの“不貞疑惑”を広めたことが問題らしく、『もしも離婚裁判になったら、あなたに勝ち目はないよ』と多くの人から助言されたようでした」(松居家の知人)

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン