スポーツ

高田川の乱と貴乃花の乱 角界の「一門制」崩壊の歴史

今回の「乱」の行方は果たして(時事通信フォト)

 貴乃花一門が二所ノ関一門から独立する2010年以前まで、角界は「5つの一門」時代が長く続いていた。当時の各一門は約20人ずつだったので、それぞれ2人の理事を送りこむ構図が定着し、2年に一度の理事選は無投票で決まるのが慣例だった。他の一門を切り崩すようなことも起きず、各一門内の事前調整ですんなりと定数10人の理事が決まってきた。この“出来レース”に波乱を起こしたのが、1998年の「高田川の乱」だった。

 当時の境川理事長(元横綱・佐田の山)の年寄株制度改革に親方衆が反発。既得権を守ろうとする彼らに担ぎ出される形で、当時の高田川親方(元大関・前の山)が出馬表明。高砂一門内の調整を無視する形で理事選に立候補し、11人の候補者による初の理事選が行なわれた。この選挙で高田川親方は見事に当選したが、高砂一門から破門されるという騒動に発展した。

 だが、数年後には「事前調整慣習」が復活し、2004年からは再び無投票当選の理事選が続く。「高田川の乱」以降は各一門の人数にばらつきが出てきたものの、当選に必要な票を融通し合うことで無用な戦いを避けるという“角界の知恵”がはたらいていた。

 それを破壊したのが2010年の「貴乃花の乱」だ。二所ノ関一門に所属していた貴乃花親方が親方6人を連れて離脱、理事選に立候補したのだ。

 土俵改革を唱えて理事選出馬を目指した貴乃花親方は、当時38歳。だが、二所ノ関一門会で「理事には早すぎる」との反対論が起き、出馬を断念するよう求められたため、それに反発して一門を飛び出した。この「貴の乱」は他の一門にも波及し、伊勢ヶ濱一門(当時は立浪・伊勢ヶ濱連合)からも造反して貴乃花親方に投票する動きが起きた。その後、貴乃花グループは貴乃花一門を結成し、現在の6つの一門体制が誕生。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン