• TOP
  • 国内
  • 命名権ビジネスによるカタカナ施設の氾濫は「わかりづらい」

国内

2017.12.28 16:00  週刊ポスト

命名権ビジネスによるカタカナ施設の氾濫は「わかりづらい」

 前出・宮本名誉教授の嘆きも止まらない。

「ニュース番組でも解説者が『ガバナンス』とか、『パラダイム』『コンプライアンス』とか使いますけど、高齢者には伝わりませんよ。本当は若い人だって正確な意味はわかっていないし、カタカナでそれっぽくしているだけ。

 あと、僕は若い頃から映画が大好きですが、最近の洋画の邦題もひどい。昔は色々と工夫して内容が伝わるようにしていたのに、最近は英語をカタカナにした作品ばかり。タイトルだけだとホラーなのか恋愛映画かすらわからない」

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

関連記事

トピックス