芸能

松本人志の『ドキュメンタル』 私的名シーン「ベスト10」

売れていない芸人の爆発力も見所(イラスト/ヨシムラヒロム)

 Netflixが2015年9月に日本上陸してから2年、地上波テレビが強すぎる日本では普及が難しいと予想する人もいた、インターネットのドラマやバラエティ番組視聴が、今では普通のことになってきた。なかでも、2016年11月から始まったamazonプライム・ビデオの『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』は、約1年でシーズン4を数える人気番組に成長した。最新のシーズン4をすぐ楽しみたい人のために、今回は、過去シーズンの名シーンを記載。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、全シーズンを通して確認した、芸人のメンタルが最も試されていると思う瞬間を紹介する。

 * * *
 2017年は、インターネットテレビ元年と言っても良い年。

 特に、amazonプライム・ビデオ『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』シリーズは、大きな話題となった。

『ドキュメンタル』は、松本人志がオーガナイザーを務める。

 部屋に10名の芸人を6時間軟禁。そこで興じられるのは笑わせ合い。ライヤーゲーム否ラフゲーム、プロによる”にらめっこ”。

 参加費は100万円。最後まで笑わずに、サバイブした芸人が優勝賞金1000万円を獲得。ギリギリの精神状態で、繰り広げられる芸人達の秘密クラブ。

 現在、4シリーズが公開中。シーズン1は、amazonプライム・ビデオのランキングで断トツ1位。シーズン2は5位、シーズン3は6位、トップ10のなかに3本もランクインされる。

 その魅力はなんと言っても、地上波放送では不可能な過激さ。「コンプライアンス」はほぼない、芸人の解放区。売れっ子芸人の本気の面白さを覗き見ることができる。

 レギュラーの多い芸人にとっては、100万円を失う痛みは薄い。しかし、参加者には名前を聞いたことのない芸人も。

 彼らにとっては、高級な遊戯では許されない。明日の生活費となる1000万円を獲得するために、ジャイアントキリングを狙う。

 売れてる芸人VS売れてない芸人の軋轢も見所のひとつ。

 たとえば、地上波テレビ番組ではお馴染みの芸人とはいえない、野性爆弾のくっきーは、4シリーズ中3シリーズに参加。同業者からも恐れられる能力を遺憾無く発揮する。

 シーズン4エピソード3で見せた白塗りメイクの顔マネは、雨上がり決死隊・宮迫を完璧に笑わせた。そして、本気で悔しがる宮迫は「クソー!」と叫ぶ。

 逆に、シーズン3に参戦したプラスマイナス・岩橋は自分の空気が作れず。お得意のギャグを披露するもフットボールアワー・後藤に牽制され続けた。

 こういった笑いの攻防戦がたまらない。

関連記事

トピックス