• TOP
  • 特集
  • 2000年代セクシー女優 “アイドル級”から“アイドル”に

特集

2018.01.01 15:59  週刊ポスト

2000年代セクシー女優 “アイドル級”から“アイドル”に

 2位の麻美ゆまは、キュートな顔だちとHカップのやわらかバストで多くのファンを獲得した。「即ハメ」に初めて挑戦したのも彼女で、『出会って4秒で合体 麻美ゆま』(2008年)はこの人気シリーズの金字塔である。

「撮影現場に入って挨拶をする“素”のゆまちゃんの前に、突然、あそこをビンビンに勃起させた男優が現れる。『何、この展開! 聞いてないけどぉ~!』と戸惑ううちにパンティを脱がされ、いきなり挿入されてしまうゆまちゃん。無理やり犯されながらもしだいに感じてしまう、彼女の表情の変化がなんともリアルで、興奮させられました」(55・流通業)

 2000年に宇宙企画からAVデビューするや、美貌と抜群のスタイルで絶大な人気を博した及川奈央は、3位にランイクン。2004年にAVを引退した後は、女優・タレントとして活躍、大河ドラマにも出演した。

「続々新作が出て、短期間だけど全部で80本以上の作品が出たと思う。でも、僕は全部観ましたよ。人によって好みはあるだろうけど、細身で程よい巨乳の彼女のスタイルは国宝級だと思う。演技力も抜群で、凌辱される時の泣きそうな表情なんて最高だったなぁ~」(60・電機メーカー)

 そんな及川の出演作品のなかでも、コアな人気を誇るのが『Black Date』(2002年)だ。監督が及川と1泊2日のデートをするという設定で、監督はその間に「アウトドアでのハメ撮り」「露出」「生理中ファック」など、及川が嫌がるNG行為をどんどん仕掛けていく。

関連記事

トピックス