• TOP
  • 特集
  • セクシー女優ビッグバンの2010年代 熟女と若手が欲望の饗宴

特集

2018.01.02 15:59  週刊ポスト

セクシー女優ビッグバンの2010年代 熟女と若手が欲望の饗宴

2010年代「現役の女優」ランキング

 これまで世に出された「アダルトビデオ」は累計50万作品超、出演した女優は実に15万人にものぼる。その中で「ナンバー1」の女優はいったい誰なのか──。そこでAV黎明期の1980年代から現代までを年代ごとに分け、それぞれに「ナンバー1」を決定した。投票したのは、40~60代の男性1000人だ。「AVビッグバン」が起きた2010年代のランキングを紹介する。

 堂々1位に輝いたのは、明日花キララだ。

「強く抱き締めたら折れてしまいそうなスレンダーボディに、Hカップの巨乳。彼女にパイズリされたらどんなに気持ちいいんだろう……」(50・飲食店)

 2007年のAVデビュー以来、こんな男たちの妄想をかき立ててきた彼女。これまでにダルビッシュ有やジャニーズタレントなど、多くの有名人との熱愛が報じられたのは、AV女優のステータスが上がった証といえるかもしれない。

 2位は現役生活15年の今なお、変わらぬ美貌とスタイルで絶大な人気を誇る吉沢明歩。2013年にはドS女王様から清楚なドM痴女までを幅広く演じ分けた『吉沢明歩 ドM自縛痴女』で、「スカパー! アダルト放送大賞」の作品賞を受賞した。本人が振り返る。

「ド変態な妄想をしながら撮影に挑みました。私、麻縄が好きなので、教師役でアソコに食い込むように絞められたり、“クイックイッ”とクリに当てられたりして、本当に興奮しましたね。生徒にお尻を叩かれるシーンでは自然とお尻がクネクネしてしまって、とっても濡れました(笑い)」

関連記事

トピックス