芸能

ダチョウが語る出川 後継者とデヴィ夫人と「生涯現役」

ダチョウ倶楽部が考えるリアクション芸の後継者

 かつては「抱かれたくないタレント」の代名詞的存在だったが、今や日本一の愛されキャラとなった出川哲朗(53才)。公私にわたり20年以上のつきあいがある、戦友・ダチョウ倶楽部が出川の素顔を語る。

 出川は過去に出演したバラエティー番組で「リアクション芸人として、生涯現役でいたい。おじいちゃんになってもザリガニで笑ってほしい」と語っている。

肥後克広:だったら健康管理に気をつけてほしい。あのぽっこり出たお腹が“ゆるキャラみたい”ってウケてるんだろうけど、暴飲暴食は避けたいよね。

上島竜兵:「マヨネーズと炭酸飲料ばっかり飲むのはやめろ」って注意してるんだけど、全然直さない。もう最近じゃあ周囲の芸人たちの心配が一周回って「血管年齢が90才って言ってたぞ」「もう死ぬんじゃねぇの、あの人」って悪口みたいになってる(笑い)。

肥後:本当、健康がいちばん。哲ちゃんもぼくたちも、高齢になってくるけれど、今後、リアクション芸の後継者って考えると誰がいる?

寺門ジモン:ロッチの中岡(創一)は? 彼はただいるだけでおもしろい。

肥後:哲ちゃんと同じ事務所で“弟分”といわれている狩野英孝とか三四郎の小宮(浩信)もいるし、彼らが今後どう活躍するか、楽しみだよね。

上島:もちろんぼくらも哲ちゃんが言うように“生涯現役”を目指してリアクション芸をずっと続けますよ。

肥後:まず、4人が還暦を迎えたら記念に『リアクションの殿堂』(※出川とダチョウ倶楽部がテレビでは見られないリアクション芸に挑戦するDVDシリーズ)の還暦バージョンDVDを作りたい。

上島:赤い紙おむつをはいて、シリーズの人気企画「浣腸選手権」を開催するんだろ?

肥後:哲ちゃんはおれに「4人で死ぬまで、一緒にやりましょうよ。おれら、目指すところはデヴィ夫人です!」って言ってくれるからさあ。

寺門:そこは、たけし・さんまじゃないの!?

上島:結局金持ちになりたいってことかよ!

撮影/田中智久

※女性セブン2018年2月8日号

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン