• TOP
  • コラム
  • 【レシピ付き】親子で節分を楽しむ行事食!恵方巻き、いわし・・・

コラム

2018.01.31 12:00  たまGoo!

【レシピ付き】親子で節分を楽しむ行事食!恵方巻き、いわし・・・

【レシピ付き】親子で節分を楽しむ行事食!恵方巻き、いわし・・・


お正月が終わると、スーパーの店頭に節分の豆が並びます。「鬼は外!福は内!」の掛け声とともに行う豆まきは、子どもも大好きですよね。今回は、節分の意味と、節分に食べる食べ物のレシピを管理栄養士の資格をもつライターがご紹介いたします。

意外に知られてない!?節分の意味

2月に行われる節分には、家庭だけでなく、神社やお寺などでも豆まきをする姿を見掛けます。節分は「節を分ける」と書くように、季節の変わり目を指します。2月に行われるのは、旧暦が関係しているのです。

季節の変わり目に行われる厄よけ行事

節分は、二十四節気の立春の前日に行われます。本来は、立春、立夏、立秋、立冬の季節の変わり目全ての前日を節分というのですが、江戸時代以降は立春の前日を指すことが多くなりました。それは、旧暦では立春付近から新年が始まったため、その前日の節分は年の終わりの大みそかだったからです。平安時代のころから宮中では、旧暦の大みそかに追儺祭(ついなさい)と呼ばれる厄よけの行事が行われました。追儺祭は別名「鬼やらい」とも呼ばれ、中国から伝わったと考えられています。宮中行事が次第に庶民に伝わり、邪気を払うために、豆まきをして、特定の食べ物を食べる行事に発展していきました。

鬼に豆をまくのはなぜ?豆まきの理由

鬼にいった豆をまいて、家の外へ追い出す豆まき。鬼は、災い、病などの邪気を表します。豆は、魔を滅ぼす「魔滅(まめ)」と、鬼の目である「魔目(まめ)」の語呂を掛けて合わせており、鬼の目をめがけて豆を投げ、退治するのです。現在は、鬼のお面をかぶる鬼役をお父さんが行うことが多いですが、本来は家の主か、その年の干支(えと)生まれの人が豆をまくものでした。豆まきに使う豆は、必ずいり豆を用意します。いり豆のいりは「射る」に通じており、鬼の目を射って退治する意味があるからです。

地方によって特色あり!節分に食べる料理

節分に食べる料理といえば、恵方巻きを思い浮かべますね。恵方巻きの発祥は関西ですが、現在では、スーパーなどに、バラエティー豊かな恵方巻きが並び、全国で食べられています。そのほかにも、さまざまな地域で節分に食べる料理がありますのでご紹介します。

邪気を払って福を呼び込む、縁起の良い食べ物

季節の変わり目に行う節分。さまざまな地域で、邪気を払い、福を呼び込む料理が食べられています。

恵方巻き

切られていない巻き寿司を、その年の良い方角である恵方を向いて食べ切ります。海苔で福を巻き込み、丸ごと食べて縁を切らないなどの意味を付けられていますが、関西の海苔業者が、海苔の販売促進のために広めたといわれています。

福茶

無病息災を願って、正月、節分、大みそかなどに飲むお茶のこと。お茶や湯に、豆、昆布、梅干しを入れて飲みます。

けんちん汁

けんちん汁は、小さく切った野菜、崩した豆腐などを具にしてダシ、しょうゆ、みりんなどを加えた汁です。中国から伝わったといわれています。寒い冬に親しまれている料理ですが、関東の一部の地域で節分に食べられています。

コンニャク料理

コンニャクは、砂おろしとも呼ばれ、体の中にたまったものを掃除してくれるといわれています。そのため、四国では節分に邪気を払うコンニャクを食べる習慣があります。

いわし料理

鬼はいわしの匂いが苦手とされ、関西地方では玄関口にヒイラギの枝に焼いたいわしの頭を飾るほかに、いわし料理も食べます。いわしを食べることで、鬼を寄せ付けない意味があります。

そば

大みそかに年越しそばを食べますね。旧暦の大みそかである節分にもそばを食べる地域があります。そばのように、細く長く過ごせるようにとの願いが込められています。

子どもと食べる節分の行事食レシピ

恵方巻き、いわしなど、節分に食べる料理は、子どもには量が多いなど、食べにくい場合があります。子どもと一緒に食べられる節分の行事食レシピをご紹介します。

子どもの好きな具で「細巻き恵方巻き」

簡単にそろえられる具材で作る、子どもが食べやすい恵方巻きです。海苔に切り込みを入れて、かみ切りやすくしてあります。

材料(細巻き8本分)

ごはん 2合

米酢 50ml

砂糖 大さじ1

塩 小さじ1/2

焼き海苔(全型) 4枚

ツナ 40g

マヨネーズ 大さじ2

ハム 4枚

キュウリ 2本

作り方

米酢、砂糖、塩を混ぜてすし酢を作り、水を少し減らして炊いたごはんに混ぜます。

焼き海苔を半分に切り、包丁でランダムに1cmほどの切り込みを入れましょう。

ツナはマヨネーズと和え、ハムは半分に、キュウリは縦1/4に切ります。

ラップや巻きすへ焼き海苔を敷き、ごはんを広げ、ツナマヨ、ハム、キュウリを乗せて手前から
巻き込みます。

10分ほど置いて、海苔をなじませたら完成。

コンニャクを入れて砂おろし「けんちん汁」

四国で食べられているコンニャクと、関東のけんちん汁を合わせたレシピです。

材料(4人分)

大根 100g

ニンジン 20g

コンニャク 1/4枚

豆腐 1/3丁

長ネギ 20g

ダシ汁 600ml

みそ 大さじ1

ゴマ油 大さじ1

作り方

大根とニンジンはイチョウ切り、長ネギは小口切りにします。

コンニャクは、短冊切りにして下ゆでしましょう。

鍋へゴマ油を引き、大根、ニンジン、コンニャクを入れて炒め、手で崩した豆腐を入れてさらに
炒めます。

鍋へダシ汁を加えて煮立ったら弱火にして5分ほど煮たら、火を止めてみそを溶きます。

長ネギを加えて火に掛け、煮立つ前に火を止めたら完成。

鬼の嫌いないわしで邪気払い「いわしハンバーグ」

いわしの臭みをおさえ、子どもも食べやすくしたいわしハンバーグです。

材料(4人分)

いわし 200g

豆腐 100g

玉ネギ 1/2個

おろしショウガ 小さじ1/2

片栗粉 大さじ2

サラダ油 適量

ケチャップ 大さじ2

ウスターソース 大さじ2

作り方

いわしは三枚におろし、包丁で細かくたたくかフードプロセッサーで刻みます。

豆腐は下ゆでしたあとザルに上げ、30分以上置いて水切りします。

玉ネギはみじん切りにして、耐熱容器へ入れ、600Wのレンジで2分加熱し、粗熱を取りましょう。

ボウルへ、1、2、3、おろしショウガ、片栗粉を入れて混ぜ、小判型に成形します。

油を引いたフライパンで両面を焼きましょう。

お皿へ盛り付けて、ケチャップとウスターソースを混ぜたソースを掛けて召し上がれ。

おわりに

節分は、季節の節目に行われる行事です。邪気を払うために、豆まきを行い、縁起の良い料理を食べます。これらは、子どもが苦手な食材もありますので、食べやすくアレンジして節分を過ごしてみましょう。

関連記事

トピックス