• TOP
  • コラム
  • コンビニの取り組み セブンは中食、ファミマはコラボ、ローソンは介護と健康

コラム

2018.02.26 07:00  マネーポストWEB

コンビニの取り組み セブンは中食、ファミマはコラボ、ローソンは介護と健康

「自販機コンビニ」ではおにぎりやサンドイッチなどの冷蔵品も買える(写真:時事通信フォト)

 日本フランチャイズチェーン協会によると、全国のコンビニ店舗数は約5万5000店。今や全国の歯科医機関数(約6万8000施設)に追いつく勢いである。うちセブンは約2万店、ファミマは約1万8000店、ローソンは約1万3000店。今やコンビニは生活に必要不可欠なインフラとなっている。

 そうした中で人々の生活スタイルも変化し、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンという主要コンビニ各社は“これから”を見据え、三者三様の取り組みを行っている。キーワードとなるのは、セブンが「中食」、ファミマが「コラボ」、ローソンが「介護と健康」だ。以下に、3コンビニの特徴的な取り組みを紹介しよう。

◆【セブン-イレブン】

●商品宅配事業
 商品を近くの店舗から自宅や職場に届ける「セブンミール」サービスを国内店舗数の8割近い約1万5000店舗で展開。

●宅配の御用聞きサービス
 セイノーホールディングスと宅配事業で提携し、客に必要なものを聞いて配達するなどの御用聞きサービスを行う。2019年2月末までに全国3000店舗へ拡大予定。

●店内レイアウトの全面刷新
 冷凍食品やチルドコーナーを拡大したり、レジカウンターを伸ばしてカフェコーナーや揚げ物を充実させる。少量パックの総菜メニューも積極的に投入し、「中食」を強化。

◆【ファミリーマート】

●食品スーパーとの提携
 2017年12月、小型スーパー「ミニピアゴ」との一体型店舗をオープン。今春にも食品スーパー「近商ストア」内に、ファミマを併設した店舗を開業予定。

●フィットネス事業
 東京都大田区に、スポーツジムとコンビニを併設した「Fit&GO大田長原店」をオープン。定額料金で24時間利用可能。今後5年で300店舗を目標に拡大予定。

●「次世代コンビニ」構想
 LINE、伊藤忠商事と提携し、AI技術と客のスマートフォンをつないで商品のおすすめを提示したり、決済もキャッシュレスにするなど次世代の店作り構想を進行中。

◆【ローソン】

●介護事業
 地域の介護事業者と提携して介護拠点併設型の店舗「ヘルスケアローソン」を全国10店舗で展開。

●ドローンの宅配事業
 楽天と提携し、2017年10月から福島県南相馬市小高区でドローン宅配の試験運用を行う。半年間試験運用を実施し、実用化を検討する。

●無人レジ「レジロボ」
 コンビニで商品の会計や袋詰めを自動化する無人レジ「レジロボ」をパナソニックと共同開発。今春にも都内の数店舗で、深夜の時間帯にレジロボの実験を始める。

 * * *
 この他にも、セブンは2016年から、コンビニの店舗を拠点にした自転車シェアサービスを、「ドコモ・バイクシェア」と提携して行っている。ソフトバンク子会社の「ハローサイクリング」とも同様のサービスを展開中だ。

 ファミマは、オフィスビルや駅構内などに設置する出張コンビニ「オフィスファミマ」や「自販機コンビニ」の展開にも力を入れている。

※女性セブン2018年3月1日号

関連記事

トピックス